Home >  研究 > 量子物質研究グループ > 中辻研究室

中辻研究室

member
特任教授 中辻 知
所属
理学系物理学専攻
(兼)量子物質研究グループ・凝縮系物性研究部門
専攻
理学系物理学
研究室HP

研究テーマ

  • トポロジカル磁性体の室温量子伝導
  • 強相関電子系における異常金属相と新しい超伝導体の開拓
  • トポロジカル量子状態の制御によるスピントロニクスとエネルギーハーベスティング応用

現在、磁性や超伝導、スピントロニクスといった分野が、トポロジーという概念によって再び整理・統合され、多くの新しい物理現象の発見に繋がっている。これらの物性物理の変革には、素粒子論、宇宙論、量子情報などで発展してきた概念が大きく関わっており、既存の分野の枠組みを超えた新しい視点での研究が重要になっている。私達の研究室では、そのような新しい概念を具現化する量子物質を自ら作り出し、世界最高精度の物性測定技術によってその背後にある物理法則の解明を目指して研究を行っている。それだけでなく、量子物質の驚くべき機能性をスピントロニクスやエネルギーハーベスティングに利用するための研究も行っており、産業界からも注目を集めている。

a. Mn3SnとPt、Cu、Wとの積層膜における、ホール電圧の書き込み電流Iwrite依存性。b. 多値記憶の実証実験。c. Mn3Sn でのスピン軌道トルク磁化反転。[Nature 580 , 608 (2020)]
Fe3X (X = Ga, Al) におけるa. 結晶構造。b. 異常ネルンスト効果の温度依存性。c.ノーダルウェブ構造。[Nature 581 , 53 (2020)]

発表論文・研究成果等ニュース