Home >  研究 > 軌道放射物性研究施設/播磨分室

軌道放射物性研究施設/播磨分室

軌道放射物性研究施設(SOR施設)は高輝度放射光を利用した先端物性研究や実験技術の開発研究を行っている。播磨分室では、SPring-8に世界最高性能の高速偏光スイッチング軟X線アンジュレータビ−ムライン(東京大学放射光アウトステーション物質科学ビームラインBL07LSU)を整備し、雰囲気光電子分光ステーション、高分解能軟X線発光分光ステーション、3次元ナノESCAステーションを常設して全国共同利用実験を実施し、国際共同研究、産学共同研究も積極的に受け入れている。また次世代放射光源を視野に入れた測定技術の高度化を図り、新たに分光イメージングステーションのR&Dも行っている。一方、柏のE棟においては、LASORレーザーグループとの共同研究として、真空紫外・軟X線レーザー光源を用いた超高分解能スピン偏極光電子分光装置を建設し、全国共同利用に供している。現在、SPring-8よりE棟に移設した時間分解光電子分光装置の立ち上げも行っている。

軌道放射物性研究施設/播磨分室

メンバー(*は施設長、**は副施設長) 主な研究内容
木村 隆志   准教授
研究室HP
  1. 超精密加工・計測法を活用した高精度X線光学素子の開発
  2. X線自由電子レーザーによる液中試料フェムト秒イメージング
  3. 位相回復計算を利用したレンズレスイメージング
原田 慈久*   教授
研究室HP
  1. 水溶性液体の電子状態とミクロ不均一性、固液界面の相互作用に関する研究
  2. 燃料電池触媒の表面反応解析、電気化学反応、光触媒反応解析、金属タンパク質の機能解析のためのその場分析手法の開発
  3. 強相関物質における素励起(結晶場励起、スピン励起、マグノン励起、電荷密度波励起、軌道波励起)の直接観測とその成因の研究
  4. 軟X線発光分光の超高エネルギー分解能化と時間分解分光のための基礎光学研究
松田 巌**   教授
研究室HP
  1. 単原子層におけるディラックフェルミオン
  2. X線自由電子レーザーを用いた非線形X線分光の研究
  3. オペランドX線実験による表面上分子・キャリアダイナミクスの研究
  4. 次世代放射光におけるアンジュレータビームラインの先端技術開発
所内兼務のメンバー
近藤 猛   准教授
研究室HP
本務は極限コヒーレント光科学研究センター