ISSP - The institute for Solid State Physics

Organization
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
軌道放射物性研究施設
施設長
原田 慈久
施設ホームページへ

軌道放射物性研究施設(SOR施設)は高輝度放射光を利用した先端的物性研究や新しい実験技術の開発・研究を共同で行っている。SPring-8に設置された播磨分室では、同放射光施設に世界最高性能の高速偏光スイッチング軟X線アンジュレータビ−ムライン(東京大学放射光アウトステーション物質科学ビームラインBL07LSU)を整備し、高輝度軟X線放射光を利用する最先端の物性科学研究を推進している。播磨分室スタッフは、先端軟X線分光技術の開発と新物質・新材料の電子状態研究を行うために、時間分解軟X線分光実験ステーション、雰囲気光電子分光ステーション、高分解能軟X線発光分光ステーション、3次元ナノエスカステーション、軟X線磁気光学カー効果ステーション、軟X線回折ステーションを立ち上げ、全国共同利用だけでなく、海外からの共同利用も受け付けている。一方、柏のE棟においては、レーザーグループとの共同研究の基に、真空紫外・軟X線レーザー光源を用いた超高分解能スピン偏極光電子分光装置を建設し、全国共同利用に提供している。


SPring-8 BL07LSUの8台のFigure-8アンジュレーター。本挿入光源より連続偏角可変型不等刻線間隔平面回折格子分光器を経て、各実験ステーションに高輝度軟X線が供給される。
E 棟における高効率スピンVLEED 検出器を備えたレーザー励起高分解能電子分光装置。