ISSP - The institute for Solid State Physics

Organization
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
川島研究室
教授
川島 直輝
助教
森田 悟史
研究室ホームページへ

最近、人工知能/機械学習/量子計算などの流行で社会的にも計算機に注目が集まっているが、我々の研究グループでは計算物理、計算統計力学の方法論に含まれる数理的コアを明らかにし、新しい手法を開発することを基本に研究を進めている。その応用として、統計力学の未解決問題の解明や相互作用が物性を支配するいわゆる強相関量子系における実験研究との比較計算などを行っている。ここで用いられる量子モンテカルロ法やテンソルネットワーク法はボルツマンマシンや情報圧縮を通じてデータ科学とも接点を持っている。最近の研究の一例としては、キタエフスピン液体状態を表す波動関数の簡単な表現の発見がある。キタエフモデルの基底状態であるギャップレススピン液体状態をできるだけ少ない情報量のテンソルネットワークによって表現する努力をしていたところ、最近になって、古典統計力学モデルであるループガスモデルによってその本質が表現できることを発見した。

臨界的古典ループガスによるキタエフスピン液体状態の表現。

研究テーマ

  1. 新しい量子相と量子相転移の探索
  2. 多体問題の数値解法の研究
  3. 臨界現象の一般論
  4. ランダム系と計算量