ISSP - The institute for Solid State Physics

Organization
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
極限コヒーレント光科学研究センター

極限コヒーレント光科学研究(LASOR)センターでは、超精密レーザーや極短パルス、大強度レーザーなどの極限的なレーザーを開発すると共に、シンクロトロン放射光を用いた先端的軟X線ビームラインを開発している。テラヘルツから真空紫外線、軟X線までの広いエネルギー範囲の極限的な光源を用いて、超高分解能光電子分光、時間分解分光、スピン偏極分光、顕微分光、回折や光散乱、イメージング、発光分光などの新しい最先端分光計測を開発している。一方、これらの極限的な光源や分光手法を用いて半導体、強相関物質、有機物質、生体物質、表面、界面などの幅広い物性研究とその共同利用を行っている。

LASORセンターは、先端的な光科学とそれを用いた物質科学との共同研究、共同利用を目指す総合的なセンターである。柏キャンパスにおいては、大規模なクリーンルームと除振床を設置した先端分光実験棟(D棟)及び、真空紫外・軟X線レーザーの物性研究利用を主目的とした極限光科学棟(E棟)を有し、光源開発とそれを用いた物性研究を行っている。兵庫県にあるSPring-8においてはシンクロトロン放射光を用いたビームラインBL07LSUにおいて軟X線分光の研究を行っている。


LASOR member

辛 埴
  研究内容 研究室HP
小森 文夫
(*1) 研究内容 研究室HP
秋山 英文 (*2) 研究内容 研究室HP
松田 巌
  研究内容 研究室HP
小林 洋平
  研究内容 研究室HP
板谷 治郎
  研究内容 研究室HP
原田 慈久
  研究内容 研究室HP
和達 大樹
  研究内容 研究室HP
近藤 猛
  研究内容 研究室HP
岡﨑 浩三
  研究内容 研究室HP
       
軌道放射物性研究施設


 (*1):所内兼務。本務はナノスケール物性研究部門。
 (*2):所内兼務。本務は機能物性研究グループ。