Home >  共同利用 > 公募要項 > 公募:国際超強磁場科学研究施設

2021年度前期公募要項:国際超強磁場科学研究施設(強磁場コラボラトリー課題を含む)の共同利用

国際超強磁場科学研究施設では、大阪大学大学院理学研究科附属先端強磁場科学研究センターとともに、パルスマグネットを利用する共同利用を運用しています。この共同利用の申請は、国際共同利用・共同研究拠点である東北大学金属材料研究所と連携し、定常強磁場の共同利用を運用している同研究所の強磁場超伝導材料開発センターも含めた3施設を横断的に活用する強磁場コラボラトリー課題の申請を受け入れいます。強磁場コラボラトリーウェブサイトをご確認ください。

  1. 申請方法

    1. パルス強磁場のみを利用する課題(東京大学又は大阪大学のみ利用)
      申請は web申請 を通じて行います。 web申請システムの課題の申請の画面上の「研究員種別(施設)」で「国際超強磁場科学研究施設」を選択します。研究計画書(国際超強磁場科学研究施設)に記入、PDFファイルに出力して、web申請システムの画面上の「研究計画」にアップロードしてください。

    2. 定常強磁場のみを利用する課題(東北大学のみ利用)
      従来と同様に下記の金属材料研究所webサイトで申請を行って下さい。
      https://imr-kyodo.imr.tohoku.ac.jp

      (採択後)来所の3週間前までに、公募要項にある宛先まで郵送するか写しをメールで提出の上、当日持参して下さい。

    3. 両者を利用する課題(強磁場コラボラトリー課題)
      申請は、1と同様にweb申請を通じて行います。 研究計画書(国際超強磁場科学研究施設)は、強磁場コラボラトリー横断課題と共通になってます。同様に必要事項に記入し、PDFファイルに出力して、web申請システムの画面上の「研究計画」にアップロードしてください。
      なお、両者を利用する課題で、定常磁場を主に利用する場合は、金属材料研究所Webサイトから申請してください。

      初めて利用される方は、物性研、東北大金研の両方に申請者、及び共同研究者のユーザー登録が必要になります。物性研究所、金属材料研究所の各webサイトでユーザー登録を事前に行ってください。

  2. 申請期限

    2020年12月25日(金)

  3. 採否決定及び経費

    採否及び経費の配分は、各部門、施設において、申請された研究計画、過去の共同利用実施報告・成果などに基づいて審査検討したのち、共同利用施設専門委員会で決定します。採否等の結果は2021年3月初旬頃に発送の予定です。

  4. 外来研究員申請

    採択後、「外来研究員(共同利用)申請書」に記入及び押印し、PDF化したファイルをWeb申請の「来所手続き」にアップロードしてください。尚、原本については、来所の際に必ず共同利用係へご提出ください。

  5. 注意事項
    1. 申請資格、規定、注意事項について

      各施設の申請資格、利用の規定、注意事項を事前に確認してください。

    2. 強磁場コラボラトリー課題では、審査のため、強磁場コラボラトリー構成機関間で申請書の内容と評価が共有されます。
    3. 各機関の利用にあたっての旅費等の支援については、各機関で決定し、申請者に通知します。

Web申請ログイン