Home >  共同利用 > 公募要項 > 公募:国際超強磁場科学研究施設

2022年度後期公募要領:国際超強磁場科学研究施設(強磁場コラボラトリー横断課題を含む)の共同利用

東京大学物性研究所附属国際超強磁場科学研究施設、大阪大学大学院理学研究科附属先端強磁場科学研究センター及び強磁場コラボラトリー横断課題の共同利用申請に関する公募要領です。実験の可否について、各施設の受け入れ担当者と相談の上、以下の申請手続きにお進みください。担当者が不明な場合はこちらからお問い合わせください。
 *各施設を初めて利用する場合には、申請前に物性研究所または金属材料研究所の各webサイトでユーザー登録が必要です。

  1. 申請方法
    • 東京大学または大阪大学の強磁場施設のみを利用する場合
      申請は web申請 を通じて行います。 ISSP共同利用システムのログイン画面からマイページに進み、課題申請の画面上の一般研究員(パルス強磁場施設 兼 強磁場コラボラトリー課題)の定期申請もしくは中途申請を選択します。ウェブ上で必要事項を入力するとともに、強磁場施設用の研究計画書に必要事項を記入したものをPDFに変換した上でアップロードしてください。
    • 複数の強磁場施設を利用する課題(強磁場コラボラトリー横断課題)
      • 申請は、1と同様の手続きとなります。
      • web申請する際に「利用強磁場施設」欄で複数の施設を選択する必要があります。
      • 東北大学金属材料研究所強磁場超伝導材料研究センターも選択可能です。同センターを利用する際には金属材料研究所webサイトで利用規定をご確認の上、同所のユーザー登録を済ませてください。
      • 研究計画書はそれぞれの施設で行う研究計画が分かるようにご記入ください。
        ※ 東北大学の定常強磁場のみを利用する場合、申請期限等、手続きが異なります。
        必ず下記の金属材料研究所webサイトを確認願います。
         https://gimrt.appli.imr.tohoku.ac.jp/login
  2. 申請期限

    2022年 6月 3日(金)

  3. 採否決定及び経費

    採否及び経費の配分は、各部門、施設において、申請された研究計画、過去の共同利用実施報告・成果などに基づいて審査検討したのち、共同利用施設専門委員会で決定します。採否等の結果は2022年9月に発送予定です。

  4. 外来研究員申請

    採択後、「外来研究員(共同利用)申請・承諾書」に記入及び押印し、PDF化したファイルをWeb申請の「実施手続き」にアップロードしてください。尚、原本については、必ず共同利用係へご提出ください。

  5. 安全衛生教育

    東京大学物性研究所の施設利用に際しては、研究活動開始前に、利用予定施設が配付している安全についてのマニュアル「安全マニュアル概要冊子(東京大学柏キャンパス)()」、もしくは「安全のための手引き(大阪大学)」をご一読ください。詳細については、各施設の受け入れ担当者にお問い合わせください。

  6. 学生教育研究災害傷害保険等の加入

    学生又は大学等研究者に準じる方は、共同利用開始までに財団法人日本国際教育支援協会(JEES)「学生教育研究災害傷害保険」又は同等以上の傷害保険に、必ず加入してください。

  7. 損害補償

    共同利用の実施にあたり、故意又は重大な過失により、関係設備機器に損害を与えた場合又は人身事故などが発生した場合には、その損害等に対して責任を負っていただくこともあります。

  8. 実施報告書

    1期(半年)毎に、終了後30日以内に「外来研究員実施報告書(様式4)」を必ず提出してください。報告書は、未提出、並びに記載内容について担当所員より問合せをさせていただくことがあります。

  9. 研究成果の公表

    共同利用で行った研究に関する論文が出版された場合は、別刷1部を共同利用係へお送りください。また、定期的に共同利用における成果報告書を刊行する予定ですので、当方からの問合せがありましたら論文題目、著者、雑誌(巻・号)等をご回答ください。また、論文を発表される場合、謝辞のところに東京大学物性研究所の共同利用による旨の文章をいれていただくことを希望します。英文の場合の参考として、次のような例文を挙げておきます。

    • (例1) This work was carried out under the Visiting Researcher's Program of the Institute for Solid State Physics, the University of Tokyo.
    • (例2) This work was carried out by the joint research in the Institute for Solid State Physics, the University of Tokyo.
    • (例3) This work was performed using facilities of the Institute for Solid State Physics, the University of Tokyo.
    • (例4 大阪大学大学院理学研究科附属先端強磁場科学研究センター)
      This work was carried out at the Center for Advanced High Magnetic Field Science in Osaka University under the Visiting Researcher's Program of the Institute for Solid State Physics, the University of Tokyo.
  10. 知的財産権の取扱い

    原則として、申請者の所属する機関に帰属することとしますが、本学研究者の知的貢献が認められる場合における当該発明等の取扱いについては、本学と別途協議するものとします。また、当該知的財産権の活用により収益が見込まれる場合、当該知的財産権の権利者と本学は、本学設備の貢献に係わる対価の支払いについて、別途協議を行うものとします。
    なお、共同利用による研究から知的財産権が得られた場合、出願書類等1部を共同利用係へお送りください。

  11. 宿泊施設

    東京大学柏地区共同利用研究員宿泊施設(柏ゲストハウス)が利用できます。

    ※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、2020年4月7日から当面の間、柏ゲストハウスの利用を原則停止しています。以降は今後の情勢を鑑みて判断し、柏ゲストハウスのページにてお知らせします。

  12. その他 

    予算の支出、諸施設の利用、設備の管理等については、関係する所員の指示に従ってください。


Web申請ログイン