Home >  研究 > 附属物質設計評価施設 > 高圧合成室

高圧合成室

担当所員廣井 善二
技術専門職員後藤 弘匡

本室では、百万気圧、数千度までの高温高圧下において様々な(新)物質の合成を行うと共に、高圧力下における物質の挙動を調べている。さらに各種の高圧力発生装置や関連する実験設備を所内外の共同利用に供している。

高圧合成室

主要設備

500/700トン油圧プレス装置、ダイヤモンドアンビルセル、X線回折装置、顕微ラマン分光装置、YAGレーザー加工機、その他(放電加工機、ダイヤモンド研磨装置、旋盤、NCモデリングマシン)

若槻型700tonキュービックプレス。4GPaまでの高温高圧合成実験用。