ISSP - The institute for Solid State Physics

Organization
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
国際超強磁場科学研究施設

当施設では、パルスマグネットによって強力な磁場を発生し、様々な物質(半導体、磁性体、金属、絶縁体など)の性質を変化させてその電子状態を調べている。また、極限的な強磁場を用いた新物質相の探索も行っている。非破壊的に発生する磁場は80 テスラ程度まで、破壊的な手法(一巻コイル法および電磁濃縮法)では730 テスラまでが発生可能である。非破壊パルスマグネットは、精密な物性計測(電気伝導、光学、磁化測定など)、他の極限物理環境(高圧、低温)と組み合わせた実験、また国内外の強い磁場を必要とする物性科学の研究に幅広く利用されている。世界最大の直流発電機(210 メガジュール) を用いた超ロングパルス(1~ 10 秒程度)や非破壊100 テスラ磁場発生の開発も強力に推進している。他方、破壊型装置では、100 テスラ以上での超強磁場という量子極限状態での新しい物性を探索する研究を行っており、電磁濃縮法による1000 テスラの発生に向けた開発も進行中である。

newmaterial_photo
嶽山 正二郎   研究内容 研究室HP
金道 浩一   研究内容 研究室HP
徳永 将史   研究内容 研究室HP
松田 康弘   研究内容 研究室HP
長田 俊人 (*) 研究内容 研究室HP

(*) :所内兼務。本務は凝縮系物性研究部門。

施設ホームページへ