ISSP - The institute for Solid State Physics

Organization
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
木村研究室
准教授
木村 隆志
助教
竹尾 陽子
研究室ホームページへ

X線自由電子レーザーや放射光、高次高調波といった先端X線光源を利用した、新たな顕微イメージング技術の開発に取り組んでいる。 原子レベルに迫る超精密加工・計測技術や電子ビームリソグラフィなどの半導体製造プロセスを組み合わせ、様々な種類の新規X線光学素子を設計・作製している。具体的には、X線用の超高精度集光ミラーや分光光学素子、溶液中試料計測のためのマイクロ流路デバイスのほか、計算機を利用したレンズレスイメージングのための位相回復アルゴリズムの開発などである。先端X線光源と超精密X線光学素子を組み合わせたイメージングによって、生物・非生物を問わず、メゾスコピックな微細構造と物性の関係を従来にない空間的・時間的分解能で結びつけ、新たなサイエンスを切り拓くことを目指している。また、現在計画されている次世代の放射光施設での利用を見据えた基盤技術開発にも取り組む計画である。

X線自由電子レーザー施設SACLAに設置された高分解能コヒーレント回折イメージング装置。多層膜集光ミラーで集光された高強度X線パルスにより、最高で2 nm分解能でのイメージングが可能となっている。
軟X線のナノ集光に利用するウォルターミラー光学系。

研究テーマ

  1. 超精密加工・計測法を活用した高精度X線光学素子の開発
  2. X線自由電子レーザーによる液中試料フェムト秒イメージング
  3. 位相回復計算を利用したレンズレスイメージング