ISSP - The institute for Solid State Physics

Organization
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
ナノスケール物性研究部門

ナノスケール物性科学は、物質表面付近での原子・分子レベルでの現象から無限系の量子輸送まで幅広い時空間スケールで生じる物理・化学現象をその対象とする。この分野が発展してきた背景には、超薄膜成長技術、極微細加工技術、各種表面評価手法、走査プローブ顕微鏡による局所測定技術などの発達がある。当部門では、これらを
統合的に用いてナノスケール物性科学に取り組んでいる。

研究テーマの一部を以下に示す。

  • 物質の人工微細構造、複合微細構造において展開される量子・スピン輸送、
  • 走査プローブ顕微鏡を用いた局所電子状態や伝導現象の研究、
  • 固体表面において発現する新奇複合物質や表面状態、ナノスケール構造の物性、
  • 表面化学反応等のミクロな動的過程の研究、およびこれを利用した新物質の創成、
  • 各種超薄膜のエピタキシャル成長と機能物性開拓。

nanoscale-photo

勝本 信吾
  研究内容 研究室HP
大谷 義近
  研究内容 研究室HP
小森 文夫
  研究内容 研究室HP
吉信 淳 
(*) 研究内容 研究室HP
長谷川 幸雄
  研究内容 研究室HP
リップマー ミック
  研究内容 研究室HP

  (*):所内兼務。本務は機能物性研究グループ。