Home >  教育・大学院 > 物性研の教育・大学院

物性研の教育・大学院

物性研では、物理、化学、工学という従来の学問分野の枠を超えた総合的大学院教育(修士課程・博士課程)を行なっています。

物性研の特色


  • 世界に類を見ない大型実験施設、最先端の設備・装置を用いた研究現場ならではの実践的研究環境
  • 幅広い物性分野をカバーするスタッフの揃った研究環境
  • 外国人研究者が多数在籍するグローバルな環境。国際ワークショップへの参加、海外派遣プログラムなど、活発な国際交流

所長メッセージ

物性研究所における大学院教育は、最先端の研究現場と世界に直結した研究交流環境のもとで、従来の研究分野の枠を超えた総合的な知識と広い学問的視野をもつ人材を育成することに力を注いでいます。

物性研究所で研究を行う大学院生には、先端的な大規模設備を使う実験やスーパーコンピューターを用いた研究に参加する機会があり、また共同利用に関連した多数の来訪者と交流し、物性分野に関する充実した談話会・理論セミナーに参加できるメリットがあります。研究室における勉学や研究だけでなく、物性科学の広い分野に触れ、さまざまな研究機関の研究者と交流することは、将来社会のどの方面に進むにせよ、貴重な経験となるでしょう。

東京大学 物性研究所長
森 初果

物性研で学ぶには

修士課程・博士課程ともに4月入学と9月入学があります。入試に関連する大まかなスケジュールは以下のようになっています。試験内容・日程は専攻毎に異なりますので、希望する専攻をよくご確認ください。

入学時期 入試日程(修士課程) 入試日程(博士課程)
4月入学 ガイダンス 5月末〜6月上旬
出願期間 7月上旬
筆記試験 8月下旬
口述試験 8月下〜9月上旬
ガイダンス 5月末〜6月上旬
出願期間 7月上旬
筆記試験 8月下旬
口述試験 8月下〜9月中旬
論文審査・口述試験 1月下〜2月上旬

物性研の大学院は理学系研究科、工学系研究科、新領域創成科学研究科、の3研究科から成り立っています。物性研で学ぶには、このいずれかの入試を受けることになります。希望する教員の所属専攻を確認して受験してください。

また物性研では、例年6月第1土曜日ごろにガイダンスを開催しています。入試情報、説明会のほか、ラボツアー、研究室メンバーとの懇親会があります。

物性研 大学院ガイダンス

専攻別 研究室一覧

研究テーマから探す

新領域創成科学研究科 複雑理工学専攻

入試情報