Home >  研究 > 附属物質設計評価施設 > 吉見チーム

吉見チーム

member
特任研究員(PI) 吉見 一慶
所属
附属物質設計評価施設
研究室HP

大規模計算機室では、物性研究所が管理・運用しているスーパーコンピュータをより簡便に活用できるよう、2015年度よりソフトウェア開発・高度化プロジェクト(PASUMS)を開始している。本チームでは、本プロジェクトに採択されたプログラムの開発・高度化を実施し、オープンソースソフトウェアとして公開するとともに、講習会支援などの普及活動を行っている。また、高度化されたソフトウェアを活用し、有機伝導体を中心とした第一原理計算と組み合わせた有効模型の構築とその解析、量子ドット系でのスピン緩和現象の解析などを行っている。最近では、高度化ソフトウェアを活用した研究に加え、近年著しい発展を見せる情報処理技術に着目し、スパースモデリングを活用した量子モンテカルロ法で得られたデータの解析や、機械学習を用いた新物質探索に向けた応用研究などにも取り組んでいる。

発表論文・研究成果等ニュース