Home >  共同利用 > 公募要項 > 公募:短期研究会

2022年度後期公募要項:短期研究会

短期研究会は、物性研究上興味深い特定のテーマについて全国の研究者が1~3日間程度研究会を開き、集中的に討議するものです。提案代表者は内容、規模等について関係研究者と十分検討のうえ、申請してください。

流れは下記のとおりです。

  1. 締切日までに申請書(様式3)を共同利用係宛てに提出
  2. 共同利用施設専門委員会で説明
  3. 共同利用係より結果通知
  4. 「ISSPワークショップ及び短期研究会のテンプレート」の項目を含めて参加者募集
  5. 短期研究会実施
  6. 短期研究会へ参加登録した方のデータを共同利用係宛てに提出
  7. 物性研だよりに掲載する報告書(和文)を作成
  8. Activity Reportに掲載する報告書(英文)を作成


  1. 申請書提出

    提案代表者は、申請書(様式3)をメールに添付し、物性研究所共同利用係へ提出してください。なお、提案者の中に、本研究所所員が1名以上必要です。

    • 申請期限及び送付先
      申請期限 : 2022年 6月 3日(金) 必着
      送付先 : 東京大学物性研究所共同利用係 (e-mail) issp-kyodo@issp.u-tokyo.ac.jp

  2. 共同利用施設専門委員会で提案理由の説明

    提案代表者は、内容、規模等について共同利用施設専門委員会(2022年9月7日(水)開催予定)でご説明いただきます。詳細については後日共同利用係よりご連絡いたします。

  3. 結果通知

    共同利用施設専門委員会で決定します。決定後、共同利用係より結果についてご連絡いたします。

  4. 参加者募集

    「ISSPワークショップ及び短期研究会のテンプレート」の内容を盛り込んでいただき、参加者を募集いただきますようお願いします。短期研究会終了後、データを共同利用係宛に提出願います。

  5. 短期研究会実施
    • 経費について
      共同利用施設専門委員会の決定に基づき旅費、消耗品等を支弁します。平成31年度前期申請分から、経費の上限を70万円として、その範囲内で必要な旅費、消耗品等を支弁します。
      ※消耗品費等:
       短期研究会で使い切れる消耗品費のみ支弁可能となります。
       請求書払いの書類3点が揃い次第、速やかに共同利用係宛てに提出願います。
  6. 短期研究会へ参加登録した方のデータを共同利用係宛てに提出

    短期研究会終了後、「4.参加者募集」で登録された参加者データを共同利用係宛に提出願います。

  7. 報告書

    研究会終了後、提案代表者に下記報告書の提出をお願いしています。
    ・物性研だより
     研究会終了後、1カ月~3か月後くらいに物性研究所共同利用係から別途依頼いたします。
    ・Activity Report
     研究会終了後、翌年度の4月末くらいに物性研究所共同利用係から別途依頼いたします。


Web申請ログイン