Home >  研究 > 機能物性研究グループ > 岡研究室

岡研究室

助教 沼澤 宙朗
特任助教 奥村 駿

研究テーマ

  • 量子物質のフロッケ・エンジニアリング
  • 非平衡量子系の相転移現象の基礎研究
  • 生体現象、情報物理への場の理論の応用

量子物質の非平衡状態に潜む未知の自然法則を発見するとともに、その理解をもとに物質相を自在に制御し機能発現させる方法を理論的に研究する。中でもフロッケ・エンジニアリングに代表される新しい理論体系が近年注目を集めており、非平衡現象を平衡系に近い深さで理解することが可能になりつつある。さらに乱流、ニューラルネットワークといった古典物理や、生命現象、日常的に非平衡現象が利用されてきた半導体物理などの分野で蓄積されてきた知見を参考にしつつ、場の理論や数値計算などの基礎的な手法を利用することで相関電子系、トポロジカル物質、スピン系などの重要な量子物質(左図)の非平衡現象の研究をおこなっていくとともに、物質の新しい非線形応答効果(例えば右図)を探索する。

量子物質のフロッケ・エンジニアリングの広がり。バンドトポロジー、スピン秩序、相関電子系などの相制御や新原理に基づくデバイスの提案につながっている。
フロッケ状態を利用したヘテロダイン・デバイス。(a)入力シグナルに対して周波数混合の施された出力を与える。(b)振動磁場を用いたヘテロダインホール効果の実現例。

発表論文・研究成果等ニュース