ISSP - The institute for Solid State Physics

Organization
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
小林研究室
准教授
小林 洋平
助教
谷 峻太郎
研究室ホームページへ

最先端レーザーの研究開発とそれを用いた精密・高強度光科学の研究を行っている。特に超短パルスレーザーと超狭帯域レーザーとの融合領域である光周波数コムおよびその応用手法の開発と、ハイパワーレーザーを用いたレーザー加工の学理の構築を中心課題としている。レーザー光源開発はYbドープセラミックやファイバーの技術を基に、超高繰り返し、超高平均パワーのレーザーシステムを近赤外、中赤外、紫外、真空紫外の波長領域において開発している。超高繰り返しの方向では縦モード一本ずつを分離し制御できるフェムト秒レーザーを実現し、超高平均パワーの方向では外部共振器を用いた数kWの平均パワーのフェムト秒レーザーにより高輝度コヒーレント真空紫外光を発生させている。光源応用として光電子分光、光原子時計、天文、医療に関する研究を行っている。またレーザー加工の素過程となる光と物質の相互作用から実応用へ至る数桁におよぶマルチスケールな現象が如何に繋がっているのかについて研究し、レーザー加工の学理構築に取り組んでいる。

光周波数コムによる原子分光。自作超高エネルギー分解分光器と超高繰り返しモード同期レーザーとの組み合わせにより縦モード1本ずつが分離された分光が可能となった。図はメタステーブルHeの縦モード分解分光の例。
オフセットフリー光周波数コム
レーザー加工過程のサブピコ秒時間分解測定

研究テーマ

  1. 超短パルスレーザーシステムの研究開発及びレーザーの超精密制御
  2. 高繰り返し-高強度物理
  3. 精密分光
  4. 光周波数コムの天文・医療・標準応用
  5. レーザー加工の学理