2017年度のガイダンスは終了しました。各専攻の入試情報はこちらから
最先端の設備を使い、世界をリードする研究者と共に研究し、成長する。やりたい事が、きっと見つかる。

talk-session

先生に、先輩に、直接聞く

このガイダンスでは、大学院進学を考えている皆さんに、物性研での研究、大学院生活を詳しく紹介します。こんな先生に就きたい、あんな先輩と一緒に研究したい。人生を大きく変える1日になるかもしれません。

labo-tour

研究現場を体感する

物性研究所には、全国の大学・研究機関の共用設備となっている、最先端の設備が集まっています。国内外から研究者が集まる研究拠点であり、東京大学の学びの場でもあるのです。

※ 障がい等のため、設備、情報保障等の配慮が必要な場合は、あらかじめご連絡ください。

研究テーマ・キーワードから探す

各見学を担当する教員・研究室の情報です。より詳しい情報は各研究室のHPをご覧ください。

物性研で学ぶ、3つの研究科、35の研究室

物性研で学ぶには、東京大学大学院の以下のいずれかの専攻に所属します。希望する指導教員(研究室の教授または准教授)が所属する専攻の入試を受験します。

物性研でのキャンパスライフ

物性研は柏キャンパスに拠点を置き, 兵庫県播磨のSPring-8と茨城県東海村のJRR-3及びJ-PARCにそれぞれ放射光と中性子を活用する大型実験設備を構えています.緑豊かな柏キャンパスには,海洋研,新領域環境系,生命系,物質系,物性研,カブリIPMU,宇宙線研,気候システム研,人工物研など,幅広い分野の研究所があり,これらをつなぐ一直線につなぐ通路は「知のプロムナード」と呼ばれています.

目の前に広がる広大な柏の葉公園,周辺には国立がん研究センター,さわやか千葉県民プラザ,東葛テクノプラザ,税関研修所,科学警察研究所などがあり,市街地の喧騒を離れた研究には絶好の環境です.これら公共施設を超えると,柏の葉キャンパス駅周辺,十余二周辺,江戸川台駅周辺 など,ショッピングや食事を楽しめる店舗があり,特に柏の葉キャンパス駅周辺は年々充実しています.

アクセス

Top