ISSP - The institute for Solid State Physics

Organization
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
板谷研究室
准教授
板谷 治郎
助教
石井 順久
研究室ホームページへ

高強度極短パルスレーザーの開発と、強レーザー場下におけるフェムト秒からアト秒領域の超高速現象に関する研究を行っている。光源開発に関しては、可視から赤外領域での位相制御された高強度光電場の発生と制御、および、原子・分子・固体における強レーザー場下での非線形現象を利用したアト秒パルス発生に関する研究を行っている。光源応用に関しては、強レーザー場やアト秒軟X線パルスを用いた新規分光手法の開拓と、原子・分子・凝縮系における超高速現象の観測と量子制御、極端紫外から軟X線領域のアト秒短波長光を用いた超高速分光に関する研究を行っている。位相制御された高強度極短パルスレーザーとその波長変換を基盤技術として、テラヘルツから軟X線にわたる広い周波数領域における光パルスの発生が可能であるため、物質の非平衡状態における動的過程を様々な自由度を通して実時間観測し、さらには光で制御することを目指している。

(a)「水の窓」をカバーする高次高調波の軟X線スペクトル。青線はネオン、赤線はヘリウムを非線形媒質として用いた場合を示す。(b)ヘリウムガスで発生する高次高調波スペクトルの位相依存性。この結果より、光子エネルギー450 eV付近で孤立アト秒パルスが発生していることがわかる。
半導体GaSeに高強度中赤外光を集光して得られる高次高調波のスペクトル。青線は入射光が直線偏光の場合、赤線は円偏光の場合であり、円偏光の場合、選択則が成り立つ。

研究テーマ

  1. 高強度超短パルスレーザーの開発
  2. アト秒物理学
  3. 原子・分子・固体における超高速現象の観測と量子制御
  4. 固体の超高速軟X線分光