ISSP - The institute for Solid State Physics

Organization
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
松永研究室
准教授
松永 隆佑
研究室ホームページへ

パルスレーザー技術をベースとしたコヒーレント光源を活用し、テラヘルツから赤外・可視・紫外領域にわたる物質の光応答と、光電場によって物質中に誘起される非平衡状態の性質を調べる。特にテラヘルツ周波数帯(波長0.01m-1mm程度)はフォトンエネルギーで数meV程度に相当し、物性物理学において重要なフェルミ面近傍の電磁気応答を通して物質中に現れる電子・格子・スピンの動的性質を探る有効な手法となっている。さらに近年開発された極めて高い電場尖頭値を持つ高強度テラヘルツ波を駆使することで、余剰エネルギーを与えることなく低エネルギーの素励起を共鳴的に強く励起する、あるいは物質中の素励起よりもさらにエネルギーの低い光電場による非共鳴的励起によってコヒーレントな相互作用を調べることが可能になる。テラヘルツ発生及び検出技術と非線形分光測定手法を開発するとともに、超伝導や反強磁性のような多体系の秩序に現れる集団励起、非線形応答や非平衡状態でのみ現れる物質の新たな状態を調べ、その機能性を明らかにすることで新たな光物性研究領域を開拓することを目指す。

研究テーマ

  1. 光電場で強励起された非平衡系の超高速ダイナミクスの研究
  2. テラヘルツ発生/検出技術開発、多次元時間分解THz測定系の開拓
  3. 超伝導に代表される多体系の集団励起・協同現象の解明