ISSP - The institute for Solid State Physics

Organization
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
量子物質研究グループ

物性物理はこれまで新しい物質、新しい現象、新しい概念の発見によって、大きく発展してきた。物性研究所で活発に研究されてきた強相関電子系は、その顕著な例である。一方、研究のブレークスルーは多くの場合、分野の融合によることが多い。本研究グループは、そのような視点のもとに、量子物質研究のさらなる飛躍を目指して、理論と実験の緊密な連携を核とし、従来の研究部門の垣根を超えた共同研究を推進するために新設された。

当グループは2つのコアグループと6つの連携グループからなり、互いに強く連携しながら、強相関電子系の新しい量子相や新しい機能性材料の発見を目指した研究を進める。実験的には、バルクや薄膜の試料を作成し、その精密物性測定、スピントロニクス機能の開拓を行っている。これらは、理論手法の開発を通じて新しいトポロジカルな量子相の開拓を行う理論チームと強く協力をして進める。

押川 正毅   研究内容 研究室HP
中辻 知   研究内容 研究室HP
榊原 俊郎 (*1) 研究内容 研究室HP
辛 埴
(*2) 研究内容 研究室HP
廣井 善二
(*3) 研究内容 研究室HP
大谷 義近
(*4) 研究内容 研究室HP
山下 穣 (*1) 研究内容 研究室HP
近藤 猛
(*2) 研究内容 研究室HP

       (*1) :所内兼務。本務は凝縮系物性研究部門。
       (*2) :所内兼務。本務は極限コヒーレント光科学研究センター。
       (*3) :所内兼務。本務は物質設計評価施設。
       (*4) :所内兼務。本務はナノスケール物性研究部門。