ISSP - The institute for Solid State Physics

Organization
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
機能物性研究グループ

物性から機能を引き出し利用できるようにするためには、物質の基底状態・平衡状態の静的電子物性を基盤として、 励起状態・非平衡状態、さらには化学反応や生体系に至る動的な性質に踏み込む必要がある。近年、励起状態や非平衡状態の時間分解測定、ナノスケールの分析・分光測定、動作・反応中でのオペランド観測などの物性測定法や分光法は飛躍的に進歩した。一方、計算機科学やデータ科学を用いた理論的解析が著しく進展している。物性研究所でもこれらの手法が導入・開発され、先進的な物性研究が行われている。そこで、物性研究所の既存のグループが連携しつつ、新たに取り組むべき分野を具体的に開拓するために、機能物性グループが形成された。機能物性研究では、伝統的な固体物性物理が対象としてきた電子・スピン・格子及びそれらの動的過程だけでなく、原子・イオンの移動や原子の組み替え(反応)を含めて、マルチスケール・階層的複合構造をもつ物質システムを扱う。本研究グループでは、重点的な研究テーマに対する共通の関心と相補的な専門技術を有する物性研究所の研究者数名がコアメンバーとなるが、さらに数名の所員が従来の部門に属しつつ本グループの併任として機能物性研究に参加する。

吉信 淳
  研究内容 研究室HP    
秋山 英文   研究内容 研究室HP    
柴山 充弘 (*1) 研究内容 研究室HP    
小森 文夫
(*2) 研究内容 研究室HP    
森 初果 (*3) 研究内容 研究室HP    
山室 修 (*1) 研究内容 研究室HP    
杉野 修   研究内容 研究室HP    
リップマー ミック
(*2) 研究内容 研究室HP    
松田 巌
(*4) 研究内容 研究室HP    
野口 博司
(*5) 研究内容 研究室HP    
原田 慈久
(*4) 研究内容 研究室HP    
           
(*1) :所内兼務。本務は中性子科学研究施設。
(*2) :所内兼務。本務はナノスケール物性研究部門。
(*3) :所内兼務。本務は凝縮系物性研究部門。
(*4) :所内兼務。本務は極限コヒーレント光科学研究センター。
(*5) :所内兼務。本務は物質設計評価施設。