ISSP - The institute for Solid State Physics

Organization
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
柴山研究室
教授
柴山 充弘
助教
リ シャン
研究室ホームページへ

ソフトマターとは、我々の身の回りの物や生体物質を構成する「柔らかい」物質・材料のことである。磁性体や超伝導物質などのハードマターでは超高圧や極低温という極限環境において特異的な物性を示すのに対し、ソフトマターでは常温・常圧付近で興味深い物性を示し、多様な機能を果たす。我々の研究室ではソフトマターの本質である分子結合相関系の学問的体系化を目指して、ゾル・ゲル転移、ゲルの相分離・相転移、構造不均一性の研究などのほか、驚異的な力学物性をもつさまざまな高強度・高機能ゲルの開発と構造・物性解析を行なっている。小角中性子散乱を中心に、小角X線散乱、静的・動的光散乱、熱物性測定装置、力学測定などを用いて、ソフトマターのナノオーダーの構造・ナノ秒から数千秒までのダイナミクスを探求している。

新規合成された空間不均一性を全く含まない高分子ゲル
均一ゲル(左)と不均一ゲル(右)の二次元レーザースペックルパターンの顕微鏡像

研究テーマ

  1. エルゴードゲルの創製とその構造解析
  2. 3次元DNA構造体の開発と構造解析
  3. 理想網目構造を持つ高分子電解質ゲルの構造解析
  4. モジュール型温度応答性ゲルの相転移点付近でのダイナミックスと力学特性の評価