ISSP - The institute for Solid State Physics

Organization
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
常次研究室
教授
常次 宏一
助教
池田 達彦
助教
藤井 達也
研究室ホームページへ

遷移金属化合物、希土類・アクチノイド化合物などの電子間クーロン相互作用が強い強相関電子系の物性の理論を研究している。クーロン相互作用が強い系においては、低温において興味深い磁性状態や異方的超伝導、密度波などの多種多様な物性が出現する。これらの複雑な物性の統一的な理解を目標とするとともに新しい現象の発見を目指している。 主に研究しているテーマは、強磁性超伝導体やフラストレーション系などのスピン・電荷・軌道の複合自由度を持つ系における新しいタイプの量子秩序や量子揺らぎである。これらの系に特有の、多くのモードのソフトな揺らぎが結合している場合における秩序と臨界現象の特徴、電子状態や輸送現象をはじめとするダイナミクスがどのような影響を受けるのかを調べている。最近の成果として、磁気フラストレーションが無い場合の反強磁性転移における光学伝導度を研究して磁気秩序および揺らぎに伴う頂点補正効果が非常に大きいことを明らかにし、フラストレーションの強いモット転移における振舞いとの違いを示した。

電子密度1の正方格子ハバード模型のクラスター動的平均場法による直流電気伝導度の温度依存性の計算結果。反強磁性転移温度はTN/t = 0.34. 絶対零度に近づく時、頂点補正を含まないデータ(●)に比べて、頂点補正を含んだ伝導度の結果(◆)はより高温から減少傾向を示す。エネルギーの単位は電子の飛び移り積分t
同じ模型の光学伝導度における頂点補正(σvc)の常磁性成分(para)と磁気的成分(mag)。頂点補正を含まない部分は黒色点線、すべてを含む結果は赤色実線で表示。

研究テーマ

  1. d電子、f電子化合物など強相関電子系の電子状態
  2. フラストレーション系の統計力学
  3. 量子磁性体の新奇量子相の理論
  4. 強相関電子系における異方的超伝導