ISSP - The institute for Solid State Physics

Organization
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
川島研究室
教授
川島 直輝
助教
森田 悟史
研究室ホームページへ

本研究室では物性研究所スパコンや神戸の「京」コンピュータなどの大規模並列計算機を利用して、物性理論で登場する基本的な問題の解明を行っている。また、そのためのアルゴリズムの研究も行っている。最近数年の研究から例をあげると、量子臨界現象に関しては、新しいカテゴリーの転移現象である脱閉じ込め転移を、SU(N)ハイゼンベルクモデルにおけるネール状態からVBS状態への相転移として観測する試みや、光格子にトラップされた極低温原子系やグラファイト表面のヘリウム系における超固体相の存在/不在の研究などがある。また、古典系に関しては、Z2渦の乖離メカニズムによる相転移の有無の数値的検証,危険なイレレバント演算子が系の対称性を低下させる場合にみられる異常な臨界現象などがある。最近はテンソルネットワークなどの新しい方法論の開拓とそれを応用したフラストレート量子系の研究を行っている。

2サイト演算子の繰り込み変換を定義する超演算子。多角形はテンソルを表し、Multi-scale entanglement renormalization ansatz (MERA) を用いて計算される。
繰り込み超演算子の固有値問題から求められる2次元イジングモデルのスケーリング次元。

研究テーマ

  1. 新しい量子相と量子相転移の探索
  2. 多体問題の数値解法の研究
  3. 臨界現象の一般論
  4. ランダム系と計算量