Home >  共同利用 > 一般の共同利用の装置一覧・検索

一般の共同利用の装置一覧・検索

以下は「一般の共同利用」で公募、利用申請する装置の一覧です。これらの装置、設備は研究室毎に管理運用しています。装置詳細は該当研究室ページをご覧いただくか、各担当者にお問い合わせください。具体的な共同利用の様子や雰囲気、成果は、物性研で年1回発行している “Activity Report” 、または年4回発行している「物性研だより」 をご覧ください。

板谷研究室
  • 高強度赤外レーザーシステム
  • 高強度中赤外レーザーシステム
  • 近赤外フェムト秒分光装置
上床研究室
  • 定荷重式キュービックアンビル圧力発生装置
長田研究室
  • 磁場中電気伝導測定装置(3He)
勝本研究室
  • 超微細構造作製装置(20nm細線)
  • 半導体超薄膜結晶作製装置
  • 希釈冷凍機(10mK, 15T)
小林研究室
  • 高出力フェムト秒ファイバーレーザーシステム
  • 光周波数コム
  • 融着装置
  • 多波長レーザー装置
小森研究室
  • 超高真空走査トンネル顕微鏡
  • 超高真空磁気カー効果測定装置
  • 角度分解・X線光電子分光装置
榊原研究室
  • 極低温磁化測定装置(15T)
  • 回転磁場中比熱測定装置(スプリットマグネット、3He)
柴山研究室
  • 精密振動式デジタル密度計DMA5000s
  • デジタルマイクロスコープVHX-900
  • 光散乱測定装置(ALV-5000)
  • 示差走査熱量分析装置(リガク, DSC8230)
  • 粘弾性測定装置(AntonPaar, MCR501)
  • 示差屈折率計
  • カール・フィッシャー式微量水分測定装置
  • 全自動高性能高分解能小角X線散乱装置 SAXS-U (SAXSpoint2.0)(東海)
長谷川研究室
  • 走査トンネル顕微鏡(超高真空・室温、オミクロン社製)
  • 低温磁場中走査トンネル顕微鏡(超高真空、到達温度5K、磁場・面直2T、面内1T、ユニソク製)
  • 低温磁場中走査トンネル顕微鏡(超高真空、到達温度0.4K、磁場・面直7T、ユニソク製)
益田研究室
  • PPMS
  • 高エネルギーX線透過ラウエ装置
松永研究室
  • テラヘルツ時間領域分光装置
  • 高感度テラヘルツ偏光回転測定装置
  • UV-VIS-NIR-MIR超高速時間分解システム
  • 高強度テラヘルツ光源・時間分解測定システム
森研究室
  • 核磁気共鳴装置 JEOL JNM-Al300
  • 単結晶自動X線構造解析装置 MercuryⅡ
  • 質量分析装置 JEOL JMS-T200
  • スピン磁気共鳴装置 Bruker EMX
  • インピーダンス測定装置 ソーラトロン 1260型+1296型
山下研究室
  • VTI測定システム(1-200mK, 13T)
  • VTI測定システム(2-300K, 15T)
  • 希釈冷凍機測定システム(0.1-10K, 14T)
山室研究室
  • 断熱型熱量計
  • 示差走査熱量計
  • 熱重量分析装置
  • 回転式レオメータ
  • 液体・粉末用X線回折装置
  • 誘電率・伝導度測定装置
吉信研究室
  • 表面赤外分光装置
  • 独立駆動4探針表面電気伝導測定装置
  • HREELSシステム
  • XPS/UPS+昇温脱離質量分析システム
Lippmaa研究室
  • TALIS9700 Ion Scattering Spectrometer
軌道放射物性研究施設

小森研松田巌研担当

  • 雰囲気光電子分光装置(X線管)松田巌研
  • スピン角度分解光電子分光装置(レーザー)小森研
  • 磁気カー効果測定装置(レーザー)松田巌研

放射光利用研究装置はこちら

国際超強磁場施設

金道研徳永研松田康研小濱研 の4研究室で運用しています。測定手法により、担当が異なります。

先端強磁場科学研究センター(大阪大学)
  • ショートパルス・マグネット(最大55T, 7ミリ秒)
  • ミッドパルス・マグネット(最大55T, 40ミリ秒/ 最大40T, 40ミリ秒)
  • 超伝導マグネット(最大14T@4.2K/ 最大16T@2.2K)
  • 無冷媒超伝導マグネット(最大6T)

Web申請ログイン