ISSP - The institute for Solid State Physics

Organization
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
大型計算機室
担当所員
川島 直輝
尾崎 泰助
杉野 修
野口 博司
PASUMS
チームリーダー
吉見 一慶
助教
福田 将大
助教
井戸 康太

スーパーコンピュータのホームページへ

大型計算機室では計算物性物理学専用のスーパーコンピュータシステムを、スーパーコンピュータ共同利用委員会の審議に基づき全国の物性研究者の共同利用に供しいる。2015年7月から運用されてきた主システム(シス テム B = SGI ICE XA/UV ハイブリットシステム、3820CPU(Intel Xeon)+576GPU(Nvidia Tesla K40))は2020年10月に更新される予定。現有システムは、これに、2018年1月に稼働開始したシステム (HPE SGI 8600、504CPU) を加えた複合システムである。システムのベンダーとの密な連絡によって高度なシステム性能を維持するとともに、全国ユーザからの相談にきめ細かく応じながら、システムの管理運用を行っている。スーパーコンピュータの利用申請については、ホームページ (https://www.issp.u-tokyo.ac.jp/supercom/)を参照されたい。

また、2015年度から上記スーパーコンピュータシステムのより高度な利用を促進するためソフトウエア開発・高度化支援プログラム(PASUMS)を実施している。さらに、計算物質科学スパコン共用事業を通じて「富岳」成果創出加速プログラム課題、元素戦略 プロジクト、計算物質科学人材育成コンソーシアム (PCoMS) などの大型プロジェクトをサポートしている。

主要設備


スーパーコンピュータ システムB
(SGI ICE XA/UV hybrid system)(2020年10月に新システムに更新される予定。)


物性研究所共同利用スーパーコンピュータシステム構成図(システムBは2020年10月に更新予定。)