ISSP - The institute for Solid State Physics

Organization
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
尾崎研究室
教授
尾崎 泰助
研究室ホームページへ

近年の超並列計算機の発展と物質科学の精密化に伴い、第一原理電子状態計算の重要性が増している。我々は密度汎関数理論に基づき、より現実に近い系をより精密に取り扱うための新しい計算手法・ソフトウエアパッケージの開発に取り組んでいる。密度汎関数法の計算量は通常、系に含まれる原子数の三乗に比例するが、電子の近視性に着目し、計算量が原子数に比例するオーダーNクリロフ部分空間法を開発した。本手法により、これまで取り扱いが困難であったリチウムイオン電池、鉄鋼材料、グラフェンナノリボンデバイスの大規模第一原理シミュレーションが可能となり、実験との直接的な比較が可能となりつつある。さらに我々は実際の実験に先立って所望の化学的・物理的性質を持つ物質を計算機上で設計する物質デザインを目標に掲げ、研究を進めている。そのための第一歩として機械学習の手法を用いて複雑な結晶構造を予測するための方法論の開発に取り組んでいる。また開発した計算プログラムをオープンソースソフトウエアOpenMX(Open source package for Material eXplorer)として無償で一般公開し、基盤ソフトウエアとして国内外で多岐に亘る物質群の研究に広く活用されている。

オーダーNクリロフ部分空間法のアイデア。(1) 原子毎に有限距離内に含まれる原子から構成されるクラスターを構成し、(2) さらにクラスターで定義される部分空間からクリロフ部分空間への射影を行う。(3) クリロフ部分空間内で固有値問題を解き、中心原子に関与するグリーン関数を計算した後、元の空間への逆変換を行う。
オーダーNクリロフ部分空間法で得られたBCC鉄とNbCの部分整合界面の最適化構造。NaCl構造のNbC(100)面とBCC構造のFe(100)がBaker-Nuttingの関係[010]NbC//[011]Fe, [001]NbC//[011]Feの結晶方位で部分整合界面を形成する。炭素原子と鉄原子の強い相互作用のためにFe原子がC原子に近づき、歪みが内部に及んでいることが分かる。

研究テーマ

  1. 第一原理電子状態計算における効率的計算手法・アルゴリズムの開発
  2. 第一原理電気伝導計算手法の開発
  3. 二次元シリコン構造の第一原理電子状態計算
  4. 光電子分光スペクトル計算手法の開発
  5. OpenMXの開発と公開