ISSP - The institute for Solid State Physics

Organization
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
秋山研究室
教授
秋山 英文
助教
挾間 優治
研究室ホームページへ

半導体量子ナノ構造の光物性や、ヘテロ構造・ナノ構造に基づく半導体レーザーや太陽電池のデバイス物理、ホタル生物発光の生物物理などを、レーザー分光・顕微分光・光学計測技術を用いて研究している。 半導体レーザーに対して、最大定格を大きく超える励起を短時間だけ加え、極端非平衡状態を生み出し、フェムト秒短パルス発生限界を追及する研究を行っている。人工衛星用高品質III-V族半導体タンデム太陽電池の損失機構を調べ、変換効率限界を物理的に理解するデバイス物理研究も行っている。また、世界一細くかつ均一で制御性の高い半導体量子細線レーザーを作製し、量子力学的な光学物性、低次元性、電子正孔系多体問題、半導体レーザー物理、結晶成長、物質科学など様々な興味から研究を行っている。 光学実験技術として、微細なナノ構造の発光を高感度に検出する技術、絶対量を定量計測する技術、ナノ構造の透過吸収を計測する技術、顕微分光や画像計測の技術、ソリッドイマージョン顕微技術などを開発している。さらに、それらの技術を応用し、ホタルやクラゲやウミホタルの生物発光やルミノール化学発光などを、生物学・化学・理論の専門家や民間会社と共同で研究している。

100周期T型量子細線レーザー(a,b)とホタルルシフェラーゼ(c)の構造
半導体レーザーからの4.7 psパルス直接発生実験

研究テーマ

  1. 利得スイッチング半導体レーザーおよび太陽電池のデバイス物理
  2. 高品質半導体量子細線および井戸における低次元電子正孔キャリアの多体相関と非平衡性
  3. 半導体量子構造およびデバイスの作製、高品質化、構造評価、顕微分光計測、画像計測
  4. ホタル・クラゲ・ウミホタルなどの生物発光と生物化学発光計測標準