ISSP - The institute for Solid State Physics

共同利用
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
中途申請

本ページにて説明するのは、一般の共同利用および物質合成・評価設備の共同利用について、 公募期間後の申請を受け付ける「中途申請」制度です *。申請する場合は、必ず本研究所教員または利用実験室担当者と事前に打ち合わせをしてください。

『物性研究所では熊本地方震災被災研究者への支援』を行っています。
共同利用中途申請を随時、優先的に受付けています。詳しくは、以下の申請方法をご覧いただき、Web申請システムを通じて手続き下さい。中途申請理由書には、「被災地域からの緊急の中途申請」である旨を記入下さい。受入担当所員との事前打ち合わせが難しい場合でも、研究が実施可能であるかどうかの判断及び実施内容は、申請後に、受入れ可能担当所員との協議の上、決定致します。不明な点は、共同利用係(issp-kyodo@issp.u-tokyo.ac.jp)にご連絡ください。
  1. 利用期間
    前期: 4月1日~9月30日
    後期: 10月1日~3月31日

  2. 申請方法
    通常の申請と同じくWeb申請システムを通じて手続きを行います。Web申請後に、押印された申請書(両面印刷)および「中途申請理由書」を提出してください。

    中途申請利用者ガイドをご参照下さい。

  3. 申請期限
    毎月1日

  4. 利用開始日
    原則として申請期限の翌月1日(1日より前の利用開始を希望する場合は、共同利用係に相談してください。)

  5. 研究員区分
    「各種研究員制度」に示した3種の研究員区分については、いずれの区分においても中途申請することは可能です。その他、各研究員の制度内容については、特に変更はありません。

  6. 採否決定
    所内会議、および共同利用施設専門委員会にて審議し、結果を通知します。

  7. その他
    その他については、それぞれの公募要項を参照してください。



*スーパーコンピュータの共同利用についても中途申請制度があります。申請方法等 こちらのページから進んで御覧ください。 また、軌道放射物性研究施設中性子科学研究施設の共同利用においても、 緊急の場合に対応する独自制度を用意しております。それぞれのページをご参照ください。