Home >  共同利用 > 利用ガイド > Web申請について

Web申請について

  1. Web化の範囲

    現在の制度下では、知財条項、その他誓約事項に対して申請者及び機関代表者(あるいは所属部局代表者)の署名捺印のある書類を提出していただく必要があり、この部分だけはWeb化が不可能です。そこで、申請はWebで行っていただき、申請内容を元に作成した書類に署名捺印の上、共同利用係までご提出いただく方法をとっています。

    申請フロー
    (a)~(f) の手続きは、「3.研究プロジェクト制」の下にある表中の手続き番号に対応しています。
  2. Web申請の流れ
    (a) ユーザー登録(ID・パスワードの取得)

    下記からログイン、必要な研究者情報を入力します。入力されたeメールアドレスにIDとパスワードが送付されます。
    ※初期画面でユーザー名、パスワードを聞いてきますので、次のように入力してください。

    初期画面

    Web申請ログイン

    (b),(c),(d) 申請内容の入力

    上記 (a) で取得したIDとパスワードを使用して申請フォームを開き、必要事項を入力します。

    (e),(f) 申請書の印刷,所属長印、提出

    入力が正常に終了すると、申請書がAdobe pdfフォーマットで作成されます。申請書は全部で2ページあります。これを両面印刷し、所属長印(学生の場合は指導教員の印も必要)を受けて、共同利用係に提出してください。

  3. 研究プロジェクト制

    研究代表者の申請(親申請)に、協力者が付随して申請(子申請)する形式です。
    研究プロジェクトのために特別な入力をする必要はありません。新規申請(親申請)を行うと、この申請内容に基づく新規プロジェクトが同時に作成され、プロジェクト番号が交付されます。

    子申請を行う際は、ログイン後に『既存のプロジェクトの元で新たな共同利用申請する』を選択し、親申請のプロジェクト番号と代表者のIDを入力してください。主な必要事項は入力済みの形で入力フォームが開き、簡単に申請を行うことができます。

    なお、1つの研究プロジェクトについて、異なる共同利用種別(「一般」、「物質合成・評価設備」等)あるいは異なる研究員制度(「一般研究員」、「留学研究員」等) で申請することはできません。同じ研究テーマで申請される場合でもこのように種別や研究員制度が異なる場合、別プロジェクトを立てていただきますよう、お願い致します。

    研究代表者(親申請)

    (a) ID・パスワードを取得する。

    (b)ログイン後、『今期新たに共同利用申請する』を選択し、申請内容を入力。

    (c) プロジェクト番号が交付される。

    (b)ログイン後、『今期新たに共同利用申請する』を選択し、申請内容を入力。

    (e) 上記手続きの結果でき上がったpdfファイルを両面印刷し、所属長印等を受ける。

    (f) 子申請と一緒に共同利用係に提出する。

    共同研究者(子申請)

    (a) ID・パスワードを取得する。

    (b) ログイン後、『既存プロジェクトの元で新たな共同利用申請する』を選択する。

    (c') プロジェクト番号と研究代表者IDを入力。

    (d') 基本情報が入力済みのフォームが開くので、必要があれば共同研究者(子申請)に特有なその他の項目を入力する。

    (e) 上記手続きの結果でき上がったpdfファイルを両面印刷し、所属長印等を受ける。

    (f') 親申請と一緒に共同利用係に提出する。

  4. Web申請の便利な機能

    (1) 個人情報入力の省略
    登録時に入力された情報は、申請時には入力済みの形でフォームがオープンします。

    (2) 過去申請の参照
    プロジェクト下の申請でなくても、以前に入力したデータがあれば、これを参照して入力することができます。

    (3) 簡易TeX入力
    特殊文字等はTeX形式で入力していただくことになりますが、コマンドを覚えなくても簡単に入力できるようなウィンドウを用意しました(Internet Explorerのみ)。


Web申請ログイン