ISSP - The institute for Solid State Physics

教育・大学院
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
専攻別 研究室一覧
理学系 物理学専攻 <実験>
教員名研究内容
秋山研究室
  1. 利得スイッチング半導体レーザーおよび太陽電池のデバイス物理
  2. 高品質半導体量子細線および井戸における低次元電子正孔キャリアの多体相関と非平衡性
  3. 半導体量子構造およびデバイスの作製、高品質化、構造評価、顕微分光計測、画像計測
  4. ホタル・クラゲ・ウミホタルなどの生物発光と生物化学発光計測標準
板谷研究室
  1. 高強度超短パルスレーザーの開発
  2. アト秒物理学
  3. 高強度光電場を用いた超高速現象の観測と量子制御
  4. 固体の超高速軟X線分光
上床研究室
  1. 多重環境下における新奇物性現象の探索
  2. 伝導現象等の圧力誘起相転移現象の研究
  3. 多重環境下における高圧装置開発と精密物性測定方法の確立
勝本研究室
  1. 量子電荷・スピン輸送現象
  2. 量子構造を用いた多体効果の研究
  3. 異対称性ハイブリッド構造に生じる物理現象
金道研究室
  1. 量子スピン系物質の磁性研究
  2. 強相関伝導物質の磁性と伝導の研究
  3. 非破壊100テスラマグネットの開発
  4. 超ロングパルスマグネットの開発
小森研究室
  1. 単原子層・表面ナノ構造物質の電子状態、磁性および伝導
  2. トンネル電子やレーザー光励起による電子・原子動的現象
  3. 単原子層・表面ナノ構造物質の形成過程
榊原研究室
  1. 重い電子化合物の磁性と超伝導
  2. f電子化合物の多極子自由度に由来する秩序と揺らぎ
  3. フラストレート磁性体の磁化過程
  4. 量子スピン系の基底状態
瀧川研究室 *
  1. 低次元、フラストレート・スピン系のダイナミクスと量子相転移
  2. 特異な超伝導体
  3. 強相関電子系における電荷・軌道・多極子の秩序と揺らぎ
  4. 磁性有機伝導体におけるスピンと電荷のダイナミクス
徳永研究室
  1. マルチフェロイック物質の磁場誘起相転移
  2. 量子極限状態における電子相転移
  3. パルス強磁場下における高速偏光顕微鏡観察
  4. トポロジカル物質の強磁場物性研究
松田巌研究室
  1. 時間分解軟X線分光実験の開発と表面ダイナミクスの研究
  2. 光電子分光実験による金属および半導体表面・界面の電子状態の研究
  3. 超短パルス軟X線を用いた時間分解実験の開発と超高速スピンダイナミクスの研究
山室研究室 *
  1. ガラス転移、ボゾンピークなどの不規則凝縮系のダイナミクス
  2. 水および関連物質(含水多孔性結晶など)の構造とダイナミクス
  3. 常温イオン液体の熱力学的性質とダイナミクス
  4. 水素吸蔵固体の熱力学的性質とダイナミクス
和達研究室
  1. 共鳴軟X線回折による強相関電子系の秩序状態の研究
  2. 時間分解共鳴軟X線回折の開発
  3. 軟X線を用いた新しい分光手法の開発
近藤研究室
  1. 極限レーザーを励起光源とする超高分解能角度分解光電子分光装置の開発
  2. 角度分解・スピン分解・時間分解光電子分光で見る超伝導やトポロジカル量子相
  3. 放射光を利用した光電子分光で研究する強相関電子系物理
理学系 物理学専攻 <理論>
教員名研究内容
押川研究室
  1. 量子スピン系および遍歴電子系における電子スピン共鳴
  2. 量子細線の接合における伝導と共形場理論
  3. トポロジカル相と量子エンタングルメント
  4. カイラル超流体の軌道角運動量
  5. トポロジカル相・トポロジカル現象の物質系での実現
加藤研究室
  1. メゾスコピック系における輸送特性
  2. 電子間相互作用の強い系の量子輸送理論
  3. 非平衡統計力学・量子観測理論の基礎理論
川島研究室
  1. 新しい量子相と量子相転移の探索
  2. 多体問題の数値解法の研究
  3. 臨界現象の一般論
  4. ランダム系と計算量
杉野研究室
  1. GW + Bethe-Salpeter法に基づく励起状態の第一原理計算
  2. 反対称化ジェミナルに基づく高精度波動関数理論
  3. 電気化学界面の第一原理計算
常次研究室
  1. d電子、f電子化合物など強相関電子系の電子状態
  2. フラストレーション系の統計力学
  3. 量子磁性体の新奇量子相の理論
  4. 強相関電子系における異方的超伝導
野口研究室
  1. 細胞、脂質ベシクルの形態形成
  2. 生体膜の融合、分裂
  3. 非平衡下での界面活性剤膜のダイナミクス
理学系 化学専攻
教員名研究内容
柴山研究室 *
  1. 均一高分子ゲルの精密合成とその構造解析および物性評価
  2. イオンゲルの開発と構造解析
  3. 多分岐界面活性剤集合体の水中での構造形成とレオロジー特性
  4. 散乱法による熱硬化性樹脂の構造解析と分子ダイナミクスシミュレーション
森研究室 *
  1. 分子の自由度を生かした新規有機(超)導体およびプロトン伝導体の開発と機能性研究
  2. 固体中で電子がプロトン運動と協奏した有機伝導体、誘電体の開発と機能性研究
  3. 磁性と伝導性が競合する金属錯体の開発と機能性研究
  4. 分子性物質の外場(光、磁場、電場、温度、圧力)応答の研究
山室研究室 *
  1. ガラス転移、ボゾンピークなどの不規則凝縮系のダイナミクス
  2. 水および関連物質(含水多孔性結晶など)の構造とダイナミクス
  3. 常温イオン液体の熱力学的性質とダイナミクス
  4. 水素吸蔵固体の熱力学的性質とダイナミクス
吉信研究室 *
  1. モデル触媒による小分子の活性化と表面反応の研究
  2. 固体表面における原子・分子の動的過程の研究
  3. 半導体および有機薄膜の電子状態と表面電気伝導の研究
  4. グラフェンやシリセンなど低次元物質の電子状態と反応性の研究
  5. 雰囲気中の表面化学反応の研究
工学系 物理工学専攻
教員名研究内容
長田研究室
  1. 原子層物質(グラフェン、フォスフォレン等)の電子状態と量子伝導
  2. 有機ディラック電子系の量子ホール強磁性相におけるヘリカル表面状態
  3. 多層量子ホール系におけるカイラル表面状態の量子伝導
  4. 層状物質の角度依存磁気伝導と層間コヒーレンス
  5. 電場磁場中ブロッホ電子系におけるカオスと電気伝導
小林研究室
  1. 超短パルスレーザーシステムの研究開発及びレーザーの超精密制御
  2. 高繰り返し-高強度物理
  3. 精密分光
  4. 光周波数コムの天文・医療・標準応用
  5. レーザー加工の学理
辛研究室 *
  1. 軟X線レーザー極超高分解能光電子分光による超伝導体、低次元物質、新物質等の電子状態の研究
  2. 軟X線レーザー時間分解光電子分光による光誘起現象の研究
  3. 軟X線レーザー光電子顕微鏡によるナノ構造の電子状態の研究
嶽山研究室
  1. 100 T以上の超強磁場発生と物性計測技術開発
  2. 超強磁場磁気光学効果
  3. 超強磁場磁化過程、超伝導体の臨界磁場
長谷川研究室
  1. 低温STMによる局所領域での超伝導特性に関する研究
  2. 原子/分子マニピュレーションによる古典/量子スピン系の構築とスピン偏極STMによるその評価
  3. 重い電子系物質の局所電子状態・超伝導特性・磁気特性
  4. 走査ポテンショメトリによるナノスケールでの電位分布・スピン流計測
新領域創成科学 物質系専攻
教員名研究内容
大谷研究室
  1. 純スピン流の生成および検出機構
  2. スピン流を用いた磁気相転移
  3. トポロジカル絶縁体界面でのスピン流-電流相互変換
  4. 有機導体へのスピン注入
  5. 強磁性から超伝導体複合素子へのスピン注入
柴山研究室 *
  1. 均一高分子ゲルの精密合成とその構造解析および物性評価
  2. イオンゲルの開発と構造解析
  3. 多分岐界面活性剤集合体の水中での構造形成とレオロジー特性
  4. 散乱法による熱硬化性樹脂の構造解析と分子ダイナミクスシミュレーション
辛研究室 *
  1. 軟X線レーザー極超高分解能光電子分光による超伝導体、低次元物質、新物質等の電子状態の研究
  2. 軟X線レーザー時間分解光電子分光による光誘起現象の研究
  3. 軟X線レーザー光電子顕微鏡によるナノ構造の電子状態の研究
瀧川研究室 *
  1. 低次元、フラストレート・スピン系のダイナミクスと量子相転移
  2. 特異な超伝導体
  3. 強相関電子系における電荷・軌道・多極子の秩序と揺らぎ
  4. 磁性有機伝導体におけるスピンと電荷のダイナミクス
中辻研究室
  1. 量子相転移近傍での新しい超伝導と異常金属状態
  2. 磁性体における巨視的トポロジカル量子効果
  3. フラストレートした磁性体での新奇磁性、量子スピン液体状態
原田研究室
  1. 水溶性液体の電子状態とミクロ不均一性、固液界面の相互作用に関する研究
  2. 燃料電池触媒の表面反応解析、電気化学反応、光触媒反応解析、金属タンパク質の機能解析のためのその場分析手法の開発
  3. モット絶縁体、新規高温超電導体等の強相関物質における素励起(結晶場励起、スピン励起、マグノン励起、電荷密度波励起、軌道波励起など)の直接観測とその成因の研究
  4. 軟X線発光分光の超高エネルギー分解能化と時間分解分光のための基礎光学研究
廣井研究室
  1. 新しい量子スピン系及び強相関電子系物質の開発
  2. スピン1/2カゴメ格子反強磁性体の基底状態
  3. 高温超伝導体
益田研究室
  1. 量子磁性体及びフラストレート磁性体の磁気構造と磁気励起
  2. マルチフェロイクス
  3. 酸素超結晶の磁気励起
松田康弘研究室
  1. 重い電子及び価数揺動電子系の超強磁場下での電子状態
  2. 量子スピン系の超強磁場磁化過程
  3. 磁気複屈折効果を用いた超強磁場における磁場誘起相転移の研究
  4. 固体酸素の磁場誘起構造相転移
  5. 分子性導体の磁場誘起絶縁体−金属転移
森研究室 *
  1. 分子の自由度を生かした新規有機(超)導体およびプロトン伝導体の開発と機能性研究
  2. 固体中で電子がプロトン運動と協奏した有機伝導体、誘電体の開発と機能性研究
  3. 磁性と伝導性が競合する金属錯体の開発と機能性研究
  4. 分子性物質の外場(光、磁場、電場、温度、圧力)応答の研究
山下研究室
  1. 超低温における強相関電子系の研究
  2. 超低温における精密測定技術の開発
  3. 幾何学的フラストレーションをもつ磁性体における量子スピン液体
吉信研究室 *
  1. モデル触媒による小分子の活性化と表面反応の研究
  2. 固体表面における原子・分子の動的過程の研究
  3. 半導体および有機薄膜の電子状態と表面電気伝導の研究
  4. グラフェンやシリセンなど低次元物質の電子状態と反応性の研究
  5. 雰囲気中の表面化学反応の研究
リップマー研究室
  1. パルスレーザー堆積法による酸化物薄膜そしてヘテロ構造の作製
  2. 水分解光電極反応の高効率化に向けた酸化物半導体材料の開発
  3. 極性材料とマルチフェロイック材料の開発
  4. 酸化物ナノ構造またはナノコンポジット薄膜の合成
新領域創成科学 複雑理工学専攻
教員名研究内容
岡﨑研究室
  1. 高次高調波レーザーを用いた時間分解光電子分光装置の開発
  2. 光励起状態からの物質中の電子の緩和機構の解明、光誘起超伝導の直接観測
  3. 極低温超高分解能レーザー角度分解光電子分光による非従来型超伝導体の機構解明

備考:  * 印の付いた教員は、新領域創成科学研究科物質系専攻と理学系物理学専攻など2つ以上の専攻を担当しています。これらの研究室を希望する学生は、いずれの専攻を受験することも可能です。詳しくは志望研究室の教員と相談してください。 H28年度大学院修士課程募集を行わない教員名は、上記一覧表から除いてあります。