ISSP - The institute for Solid State Physics

Organization
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
物性理論研究部門

当部門では、実験系研究室とも協力しつつ、 現代の凝縮系物理学、統計物理学、物質科 学の最先端の問題について、微視的な見地か ら活発な理論研究が行われている。その目標 は、実験結果の理論的解明、またそれを通じ た相互作用する多体系の運動を捉える新概念 の開拓、そして、物質の本質を捉えた有用なモ デルの提案、さらには興味ある新現象の予言 である。研究対象としては、量子スピン系や強 相関電子系における量子相転移や量子臨界現 象、重い電子系、様々な物質における超伝導、 フラストレーション系、表面での動的過程や触 媒作用、そして、メソスコピック系における量 子輸送や相互作用の問題など、多様である。 これらの対象にアプローチする手法も多彩であ り、トポロジーなどの数学概念に基づく現代的 手法、場の量子論に基づく多体摂動理論、密 度汎関数理論に基礎を置く最先端の第一原理 計算や量子モンテカルロ法などの大規模数値 計算手法等、各研究者がそれぞれ得意とする ものを中心として研究を進めている。このよう に、部門全体としては、現代の最先端の問題 と手法をいずれも幅広くカバーしている。

thory_image
常次 宏一   研究内容 研究室HP
押川 正毅 (*1) 研究内容 研究室HP
加藤 岳生   研究内容 研究室HP
杉野 修 (*2) 研究内容 研究室HP
(*1):所内兼務。本務は量子物質研究グループ。
(*2):所内兼務。本務は機能物性研究グループ。