ISSP - The institute for Solid State Physics

Organization
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
凝縮系物性研究部門

高温超伝導体、有機伝導体、グラフェン、トポロジカル絶縁体など、「新物質」の発見が物質科学の新しい局面を切り拓いた例は枚挙に暇がない。また超伝導や量子ホール効果などの種々の予期せぬ現象が、物質系を極低温、高圧、強磁場といった「極限環境」に置くことにより見出されてきた。凝縮系物性研究部門では、無機・有機結晶や原子層物質などの新しい物質系を合成し、その物性を極限環境での高度な実験技術を用いて測定することにより、新しい物質観につながる物性現象を発見し解明することを目標としている。

当部門を構成する研究室は、自由な発想のもとに、新物質や高品質試料の作製、極限環境での輸送現象、熱測定、精密磁化、核磁気共鳴などの精密物性測定を行っている。遷移金属酸化物、重い電子系、有機伝導体、原子層物質、トポロジカル物質などの多様な物質を対象に、電子相関、トポロジー、多極子、分子自由度などが協奏して現れる多彩な現象の解明に取り組んでいる。

newmaterial_photo
瀧川 仁   研究内容 研究室HP
榊原 俊郎   研究内容 研究室HP
森 初果   研究内容 研究室HP
中辻 知 (*) 研究内容 研究室HP
長田 俊人   研究内容 研究室HP
山下 穣   研究内容 研究室HP
(*) :所内兼務。本務は量子物質研究グループ。