ISSP - The institute for Solid State Physics

Organization
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
計算物質科学研究センター

物質科学の目的は、本来的に非常に多数の構成要素からなる物理系の性質を解き明かすことにある。そのような問題に対する完全な解答を人間の頭脳だけで導くことは不可能であり、近年、大規模数値計算によるアプローチが盛んになったのは当然のことといえる。コンピュータを利用した精密な物性予測によって、物性物理学の基礎的な問題から、産業応用に結びつく応用問題に至るまで、広い範囲で重要な成果が挙がっている。一方で、近年のハードウェア開発のトレンドは並列化(=演算器の多数化)であり、多くのコアにいかに効果的に計算を分業させるかが計算物質科学の挑戦的課題となっている。本センターは、「京」コンピュータや、物性研究所共同利用スパコンを始めとする様々な計算資源を活用し、この課題に組織的に取り組むと同時に、ソフトウェア普及のためのサイトMateriAppsの運営などのコミュニティ支援活動を行っている。また、本センターは、ポスト京プロジェクト重点課題7の事務局機能を果たしているほか、ポスト京プロジェクト萌芽的課題1、計算物質科学人材育成コンソーシアム、元素戦略<研究拠点形成型>など多くの計算科学関連プロジェクトに参画し、これらを推進している。


ccms member


 

川島 直輝 (*1) 研究内容 研究室HP
常行 真司 (*2)    
赤井 久純
  研究内容  
尾崎 泰助
  研究内容 研究室HP
杉野 修 (*3) 研究内容 研究室HP
野口 博司
(*1) 研究内容 研究室HP
藤堂 眞治
(*2)    
(*1):所内兼務。本務は物質設計評価施設。
(*2):理学系研究科物理学専攻と兼務
(*3):所内兼務。本務は機能物性研究部門。
センターホームページへ