ISSP - The institute for Solid State Physics

Seminar
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
近藤研の黒田健太助教、日本物理学会若手奨励賞を受賞
受賞した黒田健太助教
受賞した黒田健太助教

物性研究所近藤研究室の黒田健太助教が、第12回日本物理学会若手奨励賞を受賞、3月22日に東京理科大学で開催された日本物理学会年次大会にて授与されました。この賞は将来の物理学を担う優秀な若研究者の研究を推進することを目的に設けられているものです。

2018年度(第12回)の領域9表面・界面・結晶成長から本賞受賞者の一人として黒田氏が選ばれました。受賞対象となったのは「光電子分光を用いたトポロジカル絶縁体におけるスピン偏極表面電子とその光制御の研究」です。

同氏は光電子分光を用いたトポロジカル絶縁体の精密測定から、ディラック粒子として特徴づけられる特殊な表面電子の電子構造を明らかにしてきました。さらに、光を使って、そのスピン偏極したディラック表面電子を制御する、光スピン制御を明瞭に示しました。これらの研究成果が高く評価され、今回の受賞に至りました。

対象論文:
[1] “Hexagonally Deformed Fermi Surface of 3D topological Insulator Bi2Se3”, K. Kuroda, M. Arita, K. Miyamoto, M. Ye, J. Jiang, A. Kimura, E. E. Krasovskii, E. V. Chulkov, H. Iwasawa, T. Okuda, K. Shimada, Y. Ueda, H. Namatame and M. Taniguchi Phys. Rev. Lett. 105, 076802 (2010).
[2] “Generation of Transient Photocurrents in the Topological Surface State of Sb2Te3 by Direct Optical Excitation with Midinfrared Pulses”,K. Kuroda, J. Reimann, J. Güdde, and U. Höfer, Phys. Rev. Lett. 116, 076801 (2016).
[3] “Coherent control over three-dimensional spin polarization for the spin-orbit coupled surface state of Bi2Se3“, K. Kuroda, K. Yaji, M. Nakayama, A. Harasawa, Y. Ishida, S. Watanabe, C.-T. Chen, T. Kondo, F. Komori, and S. Shin, Phys. Rev. B. 94, 165162 (2016).


関連サイト

関連記事

(公開日: 2018年04月10日)