Home >  研究会等 > 次世代放射光へのイノベーション

次世代放射光へのイノベーション

日程 : 2020年2月14日(金) 10:30 〜 場所 : 物性研究所本館6階 大講義室(A632) 世話人 : 松田巌、有馬孝尚、小森文夫、原田慈久、三村秀和、近藤猛
e-mail: sor@issp.u-tokyo.ac.jp
講演言語 : 日本語

次世代放射光施設の計画が始動し、2023年度からの利用に向けて建設が始まった。一般財団法人光科学イノベーションセンターと量子科学技術研究開発機構が担当するビームラインとして10本が予定されており、それぞれについて我が国の科学技術の研究ニーズ及びシーズに応える次世代放射光実験手法の提案及び検討が具体的に進められている。その中にはナノ集光、偏光スイッチング、多次元イメージング、超高分解能測定など、従来の放射光施設では実現が不可能であった新たなX線光学技術の開発が含まれ、さらにインフォマティクスに基づいた解析法やAIロボットを用いた自動測定技術の導入も予定されている。このように次世代放射光施設では、科学技術の大きなイノベーションが期待される。そこで本研究会では、次世代放射光施設において期待されるこれら新技術とそれらを活用して初めて実現するフロンティアサイエンスの展望を議論する。

詳細ページ:http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/labs/sor/workshop2020_2/index.html


備考 : (WEB中継:SPring-8中央管理棟)
(公開日: 2020年01月15日)