ISSP - The institute for Solid State Physics

Seminar
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
[物性研談話会]
重力波天文学の夜明けと展望 -それを支える超技術-
日程 : 2017年9月14日(木) 16:00 - 17:00 場所 : 物性研究所本館6階 大講義室(A632) 講師 : 川村 静児 氏 所属 : 東京大学宇宙線研究所・重力波観測研究施設 世話人 : 談話会委員:長谷川 幸雄 ・ 杉野 修 (63474)講演言語 : 日本語

 2015年9月14日、アメリカの重力波検出器Advanced LIGOが重力波の初検出に成功した。アインシュタインが一般相対性理論の帰結として、重力波の存在を予言してからちょうど100年、人類はついに宇宙を観るための新しい手段を手に入れたのである。
 実際、初めて見つかった重力波は、13億光年遠方で起こった太陽の30倍程度のブラックホール連星の合体から放射されたものであり、これはブラックホール連星の発見という天文学上の大きな発見を伴うものであった。まさに、重力波の初検出により重力波天文学の夜明けが訪れたのである。この偉業を支えたのが、様々なシステムにおける超技術の開発であり、重力波の引き起こす10-21というごく僅かな空間のひずみを計測することを可能にしたのである。今後も、重力波天文学はヨーロッパのVirgoや日本のKAGRAの重力波観測ネットワークへの参加により、そして更なる超技術の開発により、ますます発展していくことが期待される。さらに将来は、日本が推進しているスペース重力波アンテナDECIGOにより、宇宙初期からの重力波を検出し、宇宙誕生の謎に迫ることも期待できる。
 本講演では、重力波の説明から始め、その検出方法、重力波天文学の概要、重力波の初検出、量子光学などいくつかの超技術、KAGRA、DECIGOなどについて詳しく解説する。

【講師紹介】 川村先生は、重力波の研究に長年従事され、現在はKAGRAの中心メンバーとして活躍されています。とりわけ先生は”ノイズハンター”として知られ、重力波検出に成功したLIGOの検出感度向上にも大いに貢献されています(参考文献:重力波とは何か アインシュタインが奏でる宇宙からのメロディー)。重力波検出や高感度計測に関して面白い話が伺える絶好の機会かと思いますので、是非皆様ご来聴ください。


(公開日: 2017年08月24日)