ISSP - The institute for Solid State Physics

物性研について
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
物性科学って何だろう?
微小な世界へ
微小な世界へ 極限の世界へ 新しい視野へ スーパーコンピュータ 物性研で働く研究員の夢



ちょっと大きさの話

長さ、時間、温度、磁気、圧力など物質を表す量は様々です。 物性研ではこれらの量を我々の人間活動のレベルに対して、 実に1000倍や100万倍、あるいは1000分の1、100万分の1と変化させます。 その際、以下の表現を使用すると便利です。

10=101, 100= 102, 1000= 103
0.1=10-1, 0.01= 10-2, 0.001= 10-3
そして各大きさに応じて名前がついています。 
アト(a) フェムト(f) ピコ(p) ナノ(n) マイクロ(μ) ミリ(m) キロ(k) メガ(M) ギガ(G) テラ(T)
10-18 10-15 10-12 10-9 10-6 10-3 100 103 106 109 1012