物性研究所 低温液化室

Cryogenic Service Lab. ISSP

  文字サイズ:標準 特大

利用講習会と修了証について

利用講習会について

物性研究所 低温液化室 では「高圧ガス利用講習会」を開催しています。


柏キャンパス内で、高圧ガス保安法で定められている高圧ガス【O2、He、N2、Ar、CO2等、1MPa以上のガス 及び 寒剤(液体ヘリウム、液体窒素)等】を利用する際には、この利用講習会を受講することが義務付けられています。この講習会を受講しないと柏キャンパス内で高圧ガス(寒剤及び高圧ガスボンベ等)を利用することができないので十分ご注意ください。

 

また、受講した方には「高圧ガス利用講習会修了証」を発行します。

この修了証は液化室を利用する際に必要となりますので、液化室を利用する際には携帯して下さい。

 

なお、講習会は日本語のみとなりますが、テキスト等は英語版を用意してあります。詳細は以下の「簡易講習 対象者」をお読み頂くか、液化室までお問い合わせ下さい。

※ This course is Japanese language only. We have in store English version Text Books. Please contact us about details.

講習会の種類

所要時間

(予定)

講習会の内容
高圧ガス保安法
高圧ガスの性質
事故例と対策
高圧ガスの利用法
寒剤の性質
事故例と対策
寒剤の利用法

高圧ガス利用講習会

(旧寒剤利用講習会)

120分
 
 
 
 
 

高圧ガスボンベ
利用講習会

※平成30年度より

この講習会は無くなりました

90分
 
 
 
 
-
-

 ※講習会の後に、全く初めての利用者(希望者のみ)対象の実習(20-30分程度)を予定しています。

利用講習会 開催要項(申込等)

利用講習会の日時場所等 及び 申込については、それぞれ下記のページをご覧下さい。

高圧ガス利用講習会


定期講習会の開催日、お申し込み方法は下記ページで御確認下さい。

 


【 高圧ガス保安教育 新人教育講習会(高圧ガス利用講習会)のお知らせ・申込ページ 】

 

個別受講(臨時講習会)

年度途中に柏キャンパスに来た等で、日程の調整がつかず上記の講習会を受講できない方には個別対応しています。
なお、定期の講習会の開催月は、個別受講の対応は致しかねますので、できるだけ定期の講習会を受講いただくか簡易講習をご利用下さい。

 

個別受講を希望される方は、液化室(内線:63515)までお問い合わせ頂くか、下記内容を明記の上、受講希望日の一週間前までに、液化室(ekika@issp.u-tokyo.ac.jp)宛にメールでご連絡下さい。

各種利用講習会修了証

講習会を修了すると、下記の修了証いずれかを発行しております。

「高圧ガス利用講習修了証」 ※平成30年度より

「高圧ガスボンベ利用講習会修了証(下図:左)」と「寒剤利用講習修了証(下図:右)」 ※平成29年度まで

受講対象者、簡易講習対象者、受講一部免除者について

受講対象者

高圧ガス利用講習会

柏キャンパス内で
高圧ガス保安法で定める高圧ガス
【O2、He、N2、Ar、CO2等、1MPa以上のガス 及び 寒剤(液体ヘリウム、液体窒素)等
を利用する方

※H29年度までは「寒剤利用講習会」と「高圧ガスボンベ利用講習会」の二種類の講習会を開催していましたがH30年度より「高圧ガス利用講習会」の一種類になりました。

注意事項

簡易講習 対象者

原則として、共同利用 及び 海外から来られた方のみ

受講 一部免除 対象者

高圧ガス製造保安責任者の免状を持っている方

利用修了証が不要になったら

卒業・転職・退職等で不要となった利用講習修了証は速やかに下記まで返却下さい。液化室への直接返却も可能です。 また、封筒に「利用講習修了証返却」と朱書きしてください。

学内から

物性研究所 低温液化室 宛

学外から

〒277-8581
千葉県柏市柏の葉5-1-5
東京大学 物性研究所 低温液化室 宛

その他

高圧ガス利用講習会について(※平成30年度より講習会を統一しました)

平成29年度までは「寒剤利用講習会」と 「高圧ガスボンベ利用講習会」の二種類の講習会を開催していましたが、「高圧ガスボンベ利用講習会」の受講者が少ない事より、平成30年度より労力削減の為、液化室が開催する講習会は「高圧ガス利用講習会」に統一しました。

なお、これまでに「寒剤利用講習会」と 「高圧ガスボンベ利用講習会」を受講された方は、従来通り利用資格がありますので、新たに「高圧ガス利用講習会」を受講する必要はありません。

但し、「高圧ガスボンベ利用講習会」のみ受講の方が新たに寒剤を使用する場合には「高圧ガス利用講習会」を受講する必要があります。その他、ご不明点等ありましたら液化室までお問い合わせ下さい。

全学の環境安全教育を管理する「受講管理システム」との連携について

平成29年度9月以前に講習会を受講された方、及び「受講管理システム」外(学外用フォーム)から、講習を申し込まれた方については、2018年9月19日現在、環境安全研究センターが運営している全学の環境安全教育を管理する「受講管理システム」に受講履歴が反映されておりません。

学内共通ID(10桁)をお持ちで、「受講管理システム」に受講履歴の反映を希望される方は個別に対応しております。低温液化室で、反映処理は行っておりますので、以下を明記の上、液化室までメール( ekika@issp.u-tokyo.ac.jp )でご連絡下さい。

  ・所属部局、研究室、氏名

  ・学内共通ID(10桁)

  ・液化室発行の「寒剤利用講習会修了証」もしくは「柏キャンパス高圧ガス利用講習会修了証」の修了証No.

  ・「受講管理システム」に受講履歴の反映を希望



なお、平成29年10月以降に学内共通ID(10桁)を使用し「受講管理システム」から申込をして「高圧ガス利用講習会」を受講された方については、全て受講記録は反映済みです。

高圧ガスボンベ 関連

東京大学 柏キャンパス 高圧ガスボンベ利用内規
http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/labs/cryogenic/rule/gascylinder_naiki.pdf
高圧ガスボンベの利用方法
http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/labs/cryogenic/gas_cylinder/gas_cylinder.html