物性研究所 低温液化室

Cryogenic Service Lab. ISSP

  文字サイズ:標準 特大

技術情報

ヘリウムガス回収技術情報

研究室におけるヘリウムガスの回収技術等に関する情報を掲載しています。


■ 詳細はこちらをご覧下さい。


棟別ヘリウム回収率

棟別回収率を掲載しています。


■ 詳細はこちらをご覧下さい。

 

液体ヘリウム容器について

液体ヘリウムの容器はその性質上、あまり丈夫では無い作りとなっています。また、容器の真空が悪くなった場合には、再排気などにかかる時間は最短で2週間程度となっています。それらについての情報を掲載しています。


■ 詳細はこちらをご覧下さい。

 

低温技術情報

低温技術関連本の紹介とフラッシュロスに関する考察を記載しています。


■ 詳細はこちらをご覧下さい。

 

ヘリウム液化100年

2008年はヘリウムが液化されてからちょうど100年目の年に当たります。液化室では100周年を記念して2008年7月10日にデモ実験を行いました。その際に展示したポスターなど、また参考文献などを掲載しています。ヘリウムの液化に興味のある方は是非ご覧下さい。(準備中です)


■ 詳細はこちらをご覧下さい。

 

ギャラリー

一般になかなか見ることの出来ない機器の写真等を掲載します。ごゆっくりご覧下さい。
御意見ご要望等ありましたら液化室までご連絡下さい。

遠心式液体ヘリウム汲み上げポンプ

物性研では世界でも珍しい遠心式液体ヘリウム汲み上げポンプを使用して供給を行っています。


■ 詳細はこちらをご覧下さい。




液化機内部の写真

柏キャンパスに設置された液化機の内部の写真です。設置前に高圧ガス保安法に基づき検査を行う為に解放された時の写真です。通常は、液化装置の重要な部分は10-3toll以下の真空度で保たれているコールドボックスという容器の中に納められています。


■ 詳細はこちらをご覧下さい。




液体ヘリウム容器のカットモデル

研究室用の小分け容器として使われているヘリウム容器が断熱不良の為使用不可となったので、低温液化室の技術専門官 吉田 辰彦氏(平成16年3月末退官)がカットモデルを製作しました。高圧ガス保安教育等、容器の構造を知る為に重要なモデルです。


■ 詳細はこちらをご覧下さい。




ヘリウム液化機のタービンのカットモデルの写真

ヘリウム液化機のタービンのカットモデルの写真です。カットモデル自体はLINDE社所有のものです。小池酸素工業(株)経由で写真をいただいたので掲載します。タービンの構造を知る上でこちらも貴重なモデルです。写真をクリックすると大きな写真をみれます。