論文が出版されました。

 共同利用, 成果  論文が出版されました。 はコメントを受け付けていません。
1月 072017
 

Spark Plasma Sintering (SPS)法で処理したNd-Fe-BマグネットにCu添加による磁気特性向上が認められ,その要因となるナノ組織を透過型電子顕微鏡を使用して評価を行いました。

[共同利用]Saito T., Nozaki S., Sajima Y., Nishio-Hamane D. (2016) Coercivity of Nd-Fe-B hot-deformed magnets produced by the spark plasma sintering method. AIP Advances, 7, 056205.

→実績

 Posted by at 8:25 AM

論文出版、プレスリリース

 成果, 鉱物  論文出版、プレスリリース はコメントを受け付けていません。
12月 012016
 

新種の鉱物、Bunnoite(豊石)について、その記載論文がMineralogy and Petrologyの110巻12月号に出版されたことを受け、科博、愛媛大との共同でプレスリリースを行いました。
豊石は「ブンノセキ」と読み、学名のBunnoiteは「ブンノアイト」の発音になります。

Nishio-Hamane D., Momma K., Miyawaki R., Minakawa T. (2016) Bunnoite, a new hydrous manganese aluminosilicate from Kamo Mountain, Kochi Prefecture, Japan. Mineralogy and Petrology, 110, 917-926.

→科博HP
→物性研HP

豊石の解説、発見の経緯などはこちら

Bunnoite
豊石の写真

 Posted by at 6:00 PM

PFハイライト

 成果  PFハイライト はコメントを受け付けていません。
9月 272016
 

170万気圧・3000ケルビン以上という超高圧高温環境においてジルコニア(ZrO2)がコチュナイト相からFe2P相へ相転移することが明かとなり,その要約がPFハイライトに掲載されました。

ハイライト:Nishio-Hamane D. (2016) Post-Cotunnite Phase Transition in Zirconia at High Pressure. Photon Factory Highlights 2015, 38-39.

元論文:Nishio-Hamane D., Dekura H., Seto Y., Yagi T. (2015) Theoretical and experimental evidence for the post-cotunnite phase transition in zirconia at high pressure. Physics and Chemistry of Minerals, 42, 385-392.

 Posted by at 1:59 PM

論文が出版されました。

 共同利用, 成果  論文が出版されました。 はコメントを受け付けていません。
8月 312016
 

超臨界水熱法によるBa1-xSrxZrO3ナノ粒子の合成とその生成機構を検討した研究で,電子顕微鏡室では透過型電子顕微鏡を用いたナノ粒子の観察とEDXを用いた単粒子組成分析が行われた。

[共同利用]Yoko A., Akizuki M., Umezawa N., Ohno T., Oshima Y. (2016) Growth of Ba1−xSrxZrO3 (0 ≤ x ≤ 1) nanoparticles in supercritical water. RSC Advances, 6, 67525-67533. (謝辞)

→実績

 Posted by at 12:37 PM
7月 222016
 

平均粒径と形状を制御した高品質Pr-doped CaTiO3ナノ粒子を作成するために連続的水熱法の合成条件を模索した研究で,電子顕微鏡室では透過型電子顕微鏡をもちいて各条件において合成されたナノ粒子の観察を行いました。

[共同利用]Sue K., Kawasaki S., Sato T., Nishio-Hamane D., Hakuta Y., Furuya T. (2016) Continuous hydrothermal synthesis of Pr-doped CaTiO3 nanoparticles from a TiO2 sol., Industrial & Engineering Chemistry Research, 55, 7628-7634.

→実績

 Posted by at 8:55 AM
7月 152016
 

円錐状の炭素質ひげ状結晶(graphitic whisker)について,その構造は傘状のキャップをいくつも重ねたモノかそれとも一枚の長いシートがくるくると巻き貝状になっているモノなのかという議論が続いていましたが,透過型電子顕微鏡で得られた画像を解析することで巻き貝状であることが明らかになりました。

[共同利用]Saito Y., Nishio-Hamane D. (2016) Helical superstructure of continuum graphene cone uncovered by TEM analysis of herringbone-striped pattern in graphitic whiskers., Journal of Crystal Growth, 451, 27-32.

→実績

 Posted by at 11:47 PM
7月 042016
 

Spark Plasma Sintering (SPS)法で処理したNd-Fe-BマグネットにZn添加による磁気特性向上が認められ,その要因となるナノ組織を透過型電子顕微鏡を使用して評価を行いました。

[共同利用] Saito T., Sajima Y., Nishio-Hamane D. (2016) Enhancement of magnetic properties by Zn addition in Nd-Fe-B hot-deformed magnets produced by spark plasma sintering method. Journal of Alloys Compounds, 687, 662-666.

実績

 Posted by at 2:01 PM

新鉱物・神南石

 成果, 鉱物  新鉱物・神南石 はコメントを受け付けていません。
2月 152016
 

電子顕微鏡室で同定された鉱物が「神南石 / Kannanite」として,国際鉱物学連合から新種に承認されました。

解説記事はリンク先 → 神南石

 Posted by at 1:52 PM
2月 102016
 

電顕室を利用した成果で論文が出版されました。

Tsutsui O., Sakamoto R., Obayashi M., Yamakawa S., Handa T., Nishio-Hamane D., Matsuda I. (2016) Light and SEM observation of opal phytoliths in the mulberry leaf. Flora – Morphology, Distribution, Functional Ecology of Plants, 218, 44-50.

 

→実績

 Posted by at 5:34 PM