https化

 電顕  https化 はコメントを受け付けていません。
2月 142019
 

webサーバーの設定変更に伴い電顕室HPもhttps通信へ移行します。
近々コンテンツを整理する予定です。
表示やリンクなどに不具合が生じていたらお知らせください。

 Posted by at 8:34 AM

2018年実績

 共同利用, 成果, 電顕  2018年実績 はコメントを受け付けていません。
2月 012019
 

電顕室を使用した成果を更新しました。
以下は2018年に出版された論文の一覧となります(下線は電顕室スタッフ)。

2018.

  1. [共同利用]Saito T., Nishio-Hamane D.(2018) Magnetic and thermoelectric properties of melt-spun ribbons of Fe2XAl (X = Co, Ni) Heusler compounds. Journal of Applied Physics, 124, 075105. Doi: 10.1063/1.5029868
  2. [共同利用]Gaikwad V.V., Saptal V.B., Harada K., Sasaki T., Nishio-Hamane D., Bhanage B.M. (2018) Ionic Liquid Immobilized on Graphene‐Oxide‐Containing Palladium Metal Ions as an Efficient Catalyst for the Alkoxy, Amino, and Phenoxy Carbonylation Reactions. ChemNanoMat, 4, 575-582. Doi: 10.1002/cnma.201700384
  3. [共同利用]Saito T.,Nishio-Hamane D. (2018) Effects of titanium and zirconium addition on magnetic properties of Sm2Fe17 melt-spun ribbons. AIP Advances, 8, 056230. Doi: 10.1063/1.5006225
  4. Hirai D., Tanaka H., Nishio-Hamane D., Hiroi Z. (2018) Synthesis of anti-perovskite-type carbides and nitrides from metal oxides and melamine. RSC Advances, 8, 42025-42031. Doi: 10.1039/c8ra07581f
  5. Nishio-Hamane D., Nagashima M., Ogawa N., Minakawa T. (2018) Kannanite, a new mineral from Kannan Mountain, Japan. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, 113, 245-250. doi: 10.2465/jmps.180103
  6. Qu D., Higo T., Nishikawa T., Matsumoto K., Kondou K., Nishio-Hamane D., Ishii R., Muduli P.K., Otani Y., Nakatsuji S. (2018) Large enhancement of the spin Hall effect in Mn metal by Sn doping. Physical Review Materials, 2, 102001(R). doi: 10.1103/PhysRevMaterials.2.102001
  7. Nishio-Hamane D., Tanaka T., Minakawa T. (2018) Aurihydrargyrumite, a Natural Au6Hg5 Phase from Japan. Minerals, 8, 415. Doi: 10.3390/min8090415
  8. [共同利用]Saito T., Nishio-Hamane D. (2018) Magnetic and thermoelectric properties of Fe2XAl (X = Co,Ni) Heusler compounds. Journal of Applied Physics, 124, 075105. doi: 10.1063/1.5029868
  9. Sakai A., Mizuta Y.P., Nugroho A.A., Sihombing R., Koretsune T., Suzuki M., Takemori N., Ishii R., Nishio-Hamane D., Arita R., Goswami P., Nakatsuji S. (2018) Giant anomalous Nernst effect and quantum-critical scaling in a ferromagnetic semimetal. Nature Physics, doi:10.1038/s41567-018-0225-6.
  10. [共同利用]Nagashima M., Nishio-Hamane D. (2018) Transmission electron microscopy study of the epitaxial association of hedenbergite whiskers with babingtonite. Mineralogical Magazine, 82, 23-33. doi: 10.1180/minmag.2017.081.020
  11. [共同利用]Kusumawati E., Nishio-Hamane D., Sasaki T. (2018) Size-controllable gold nanoparticles prepared from immobilized gold-containing ionic liquids on SBA-15. Catalysis Today, 309, 109-118. doi: 10.1016/j.cattod.2017.09.012
  12. Kuga K., Matsumoto Y., Okawa M., Suzuki S., Tomita T., Sone K., Shimura Y., Sakakibara T., Nishio-Hamane D., Karaki Y., Takata Y., Matsunami M., Eguchi R., Taguchi M., Chainani A., Shin S., Tamasaku K., Nishino Y., Yabashi M., Ishikawa T., Nakatsuji S. (2018) Quantum valence criticality in a correlated metal. Science Advances, 4, eaao3547(1-6). doi: 10.1126/sciadv.aao3547.
  13. [共同利用]Saito T., Nishio-Hamane D. (2018) High-coercivity SmCo5/α-Fe nanocomposite magnets. Journal of Alloys and Compounds, 735, 218-223. doi:10.1016/j.jallcom.2017.11.060.
  14. [共同利用]Saito T., Nozaki S., Nishio-Hamane D. (2018) Improvement of coercivity in Nd-Fe-B nanocomposite magnets. Journal of Magnetism and Magnetic Materials, 445, 49-52. doi:10.1016/j.jmmm.2017.08.083.
  15. [共同利用]Hosseinpour M., Fatemi S., Ahmadi J.A., Morimoto M., Akizuki M., Oshima Y., Fumoto E. (2018) The synergistic effect between supercritical water and redox properties of iron oxide nanoparticlesfor in-situ catalyticupgrading heavy oil with formic acid. Isotopic study. Applied Catalysis B: Environmental, 230, 91-101. (謝辞)
 Posted by at 1:28 PM

論文が出版されました

 成果, 電顕  論文が出版されました はコメントを受け付けていません。
10月 042018
 

spark plasma sinteringによって合成されたSmFe12相を基質とする磁石について、Tiをドープした際の磁気特性を報告しました。電子顕微鏡室では合成相の同定と透過型電子顕微鏡観察が行われました。

Saito T., Watanabe F., Nishio-Hamane D. (2019) Magnetic properties of SmFe12-based magnets produced by spark plasma sintering method. Journal of Alloys and Compounds, 773, 1018-1022. Doi: 10.1016/j.jallcom.2018.09.297

 Posted by at 4:35 PM

論文が出版されました

 成果, 鉱物  論文が出版されました はコメントを受け付けていません。
10月 042018
 

新種の鉱物・金水銀鉱(学名:Aurihydrargyrumite)について記載論文が出版されました。電子顕微鏡、微小部X線回折によって新鉱物の諸性質が明らかにし、その成因・生成メカニズムについて議論を行っています。

Nishio-Hamane D., Tanaka T., Minakawa T. (2018) Aurihydrargyrumite, a Natural Au6Hg5 Phase from Japan. Minerals, 8, 415. Doi: 10.3390/min8090415

金水銀鉱  Aurihydrargyrumite

 Posted by at 4:28 PM

論文が出版されました

 成果, 電顕  論文が出版されました はコメントを受け付けていません。
10月 042018
 

上床研を中心とした研究グループによって行われた研究で、Al3Niにおいて高圧高温処理による溶融分離特性と成長機構が示されました。電子顕微鏡室では合成された合金の定量分析および組織観察が行われました。

Wang X.H., Wang H.W., Zou C.M., Wei Z.J., Uwatoko Y., Gouchi J., Nishio-Hamane D., Gotou H. (2019) The effects of high pressure and superheating on the planar growth of Al3Ni phase in hypo-peritectic Al-30wt%Ni alloy. Journal of Alloys and Compounds, 772, 1052-1060. Doi: 10.1016/j.jallcom.2018.09.079

 Posted by at 4:19 PM

論文が出版されました

 成果, 電顕  論文が出版されました はコメントを受け付けていません。
10月 042018
 

中辻研を中心とした研究グループによって行われた研究で、純粋なMn金属に比べたとき、Mn82Sn18組成のアモルファス/ナノ結晶合金ではスピンホール角が著しく増加し、逆に抵抗率は減少することが見いだされました。電子顕微鏡室では合成された合金の定量分析が行われました。

Qu D., Higo T., Nishikawa T., Matsumoto K., Kondou K., Nishio-Hamane D., Ishii R., Muduli P.K., Otani Y., Nakatsuji S. (2018) Large enhancement of the spin Hall effect in Mn metal by Sn doping. Physical Review Materials, 2, 102001(R). doi: 10.1103/PhysRevMaterials.2.102001

 Posted by at 4:11 PM

閉室スケジュール再延長

 電顕  閉室スケジュール再延長 はコメントを受け付けていません。
9月 032018
 

8/31日に落雷による停電が発生し、装置が停止しました。
復旧作業のため9/5までTEM室を閉室とします。
装置近況で各装置について復旧状況を確認ください。

 Posted by at 9:42 AM

閉室スケジュール再延長

 電顕  閉室スケジュール再延長 はコメントを受け付けていません。
8月 222018
 

8/20-22でGun交換を実施しましたが、初期不良を示したため再度交換を実施します。
ひとまず8/27日を閉室とし交換作業を行います。

 Posted by at 11:46 AM

閉室スケジュール延長

 電顕  閉室スケジュール延長 はコメントを受け付けていません。
8月 092018
 

8/3-8/10で実施されたFE電子銃交換&保守でしたが、FE電子銃が不良だったため8/20-22を閉室とし再度交換を行います。

 Posted by at 10:35 AM

論文が出版されました

 成果, 電顕  論文が出版されました はコメントを受け付けていません。
8月 012018
 

中辻研を中心とした研究グループによって、磁性金属Co2MnGaについて室温においてこれまでの最高値の10倍以上大きな異常ネルンスト効果が示されることが明らかとなりました。電子顕微鏡室では磁性金属Co2MnGaについて定量分析と元素マッピング、および電子線回折実験が行われました。

Sakai A., Mizuta Y.P., Nugroho A.A., Sihombing R., Koretsune T., Suzuki M., Takemori N., Ishii R., Nishio-Hamane D., Arita R., Goswami P., Nakatsuji S. (2018) Giant anomalous Nernst effect and quantum-critical scaling in a ferromagnetic semimetal. Nature Physics, doi:10.1038/s41567-018-0225-6.

 Posted by at 5:48 PM