現在位置: ホーム 利用案内 インストール済みアプリケーション

インストール済みアプリケーション

物性研スパコンシステムにインストール済みの物質科学アプリケーションソフトウェア
の一覧を示します。* はソフトウェア開発・高度化プロジェクトの高度化アプリ, **は関連してプリインストールしたソフトウェアです. 今後拡充していく予定です。

  • システムB

 現在、下記のソフトウェアが/home/issp/materiapps/intelの下にプリインストールされています。実行する際にはソフトウェアのフォルダ下にあるxxxvar.sh(xxxはソフトウェア名)を呼び出してから実行してください(ソフトウェア名に紐づけられているリンク先に、具体的な使用方法が記載されています)。なお、システムCにプリインストールされているその他のソフトウェアについても、順次インストールを行う予定です。

    • 量子格子模型ソルバー
      • ALPSCore**- 強相関格子模型を取り扱う数値計算ライブラリ
      • DCore*- 動的平均場理論による多体量子計算を行うためのツール (TRIQS, ALPS-Coreを内部で利用)
      • DSQSS*- 量子格子多体模型のためのモンテカルロ計算プログラム
      • HPhi*- 汎用量子格子模型厳密対角化および熱力学的純粋量子状態を用いた有限温度計算のためのプログラムパッケージ
      • mVMC*- 汎用量子格子模型のための多変数変分モンテカルロ法計算プログラム
      • TRIQS**- 動的平均場理論による多体量子計算を行うためのソフトウェア
      • TeNeS*- テンソルネットワーク法を用いた二次元量子格子模型の基底状態ソルバー
    • 第一原理計算関連ソフトウェア
      • OpenMX*- 局在基底を用いる第一原理計算プログラム
      • Quantum Espresso**- 擬ポテンシャル法と平面波基底を用いた第一原理計算ライブラリ
      • RESPACK**- 擬ポテンシャル法と平面波基底を用いた第一原理計算ライブラリ
      • VASP  - 平面波第一原理計算プログラム
  • システムC
現在、下記のソフトウェアが/home/issp/materiappsの下にプリインストールされています。実行する際にはソフトウェアのフォルダ下にあるxxxvar.sh(xxxはソフトウェア名)を呼び出してから実行してください。なお、ソフトウェアのリンク先に利用方法の詳細が記載されています。
    • 量子格子模型ソルバー
      • ALPS - 強相関格子模型を取り扱う数値計算ライブラリ
      • ALPSCore**- 強相関格子模型を取り扱う数値計算ライブラリ
      • DCore*- 動的平均場理論による多体量子計算を行うためのツール (TRIQS, ALPS-Coreを内部で利用)
      • DSQSS*- 量子格子多体模型のためのモンテカルロ計算プログラム
      • HPhi*- 汎用量子格子模型厳密対角化および熱力学的純粋量子状態を用いた有限温度計算のためのプログラムパッケージ
      • mVMC*- 汎用量子格子模型のための多変数変分モンテカルロ法計算プログラム 
      • TRIQS**- 動的平均場理論による多体量子計算を行うためのソフトウェア
      • TeNeS*- テンソルネットワーク法を用いた二次元量子格子模型の基底状態ソルバー
    • 第一原理計算関連ソフトウェア
      • abICS* - 不規則系で配置サンプリングを実行するためのソフトウェアフレームワーク
      • OpenMX*- 局在基底を用いる第一原理計算プログラム
      • Quantum Espresso**- 擬ポテンシャル法と平面波基底を用いた第一原理計算ライブラリ
      • RESPACK**- 擬ポテンシャル法と平面波基底を用いた第一原理計算ライブラリ
      • VASP - 平面波第一原理計算プログラム
    • 分子動力学関連ソフトウェア
      • LAMMPS - 古典分子動力学計算ソフトウェア
    • その他(ライブラリなど)
      • Julia - 科学技術計算向けプログラミング言語

お問い合わせについて

物性研スパコンシステムにおける上記アプリケーションの実行方法等についての質問は、

物性研スパコン対応ソフトウェア相談窓口
center-apps@issp.u-tokyo.ac.jp

で受け付けています。各アプリケーションの利用方法(インプットの作成など)や
機能については、それぞれのアプリケーションの開発元にお問い合わせください。

また、物性研スパコンシステムそのものの使い方や障害報告はお問い合わせページ よりお問い合わせください。