ISSP - The institute for Solid State Physics

Organization
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
和達研究室
准教授
和達 大樹
助教
平田 靖透
研究室ホームページへ

当研究室ではSPring-8 などの放射光X線を用い、遷移金属化合物などの電子相関の強い物質に対し、その電子状態、秩序状態、ダイナミクスなどを調べる研究を行っている。主に用いている実験手法は共鳴軟X線回折であり、これは物質の構成元素の吸収端のエネルギーを持つX線によるX線回折である。薄膜やナノ構造など微小試料でも磁気構造が決定できるなど、これまでの回折実験の常識を大きく打ち破ることができる。この手法により、強相関電子系で見られる高温超伝導や巨大磁気抵抗効果などを引き起こす物質内部の秩序状態の直接観測する。さらには、放射光X線やSACLAなどのX線自由電子レーザーの時間構造を用い、ピコ秒からフェムト秒領域での動的プロセスを実時間で観測する。以上によって物性発現のメカニズムを解明し、強相関電子系における新たな物性や現象を模索する。

SPring-8 BL07LSUにおける共鳴軟X線回折装置。
強磁性薄膜の時間分解測定。レーザー照射による消磁と回復の過程を示す。

研究テーマ

  1. 共鳴軟X線回折による強相関電子系の秩序状態の研究
  2. 時間分解共鳴軟X線回折の開発
  3. 軟X線を用いた新しい分光手法の開発