denken

利用について

 鉱物  利用について はコメントを受け付けていません。
7月 132020
 

東京大学の活動制限指針がレベル0.5となりました。

レベル0.5が宣言されている期間について、感染防止を心がけた行動をお願いいたします。

また、確認書を提出していただきます。

分析依頼などはひとまずメールにてご相談ください。

hamane*
*@issp.u-tokyo.ac.jp

 Posted by at 10:51 AM

新種の鉱物が誕生しました。

 成果, 鉱物  新種の鉱物が誕生しました。 はコメントを受け付けていません。
12月 062019
 

熊本県から見出された鉱物が、三千年鉱として国際鉱物学連合から新種に承認されました。

一般向けの解説記事はこちら

三千年鉱 / Michiroshiite-(Cu)

 Posted by at 3:32 PM

電顕室利用による成果(2019年)

 共同利用, 成果, 電顕  電顕室利用による成果(2019年) はコメントを受け付けていません。
12月 052019
 

著者の下線は電顕室スタッフを示しています。

  1. Nishio-Hamane D., Tanaka T., Shinmachi T. (2019) Minakawaite and platinum–group minerals in the placer from the clinopyroxenite area in serpentinite mélange of Kurosegawa belt, Kumamoto Prefecture, Japan. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, 114, 252-262. doi: 10.2465/jmps.190717.
  2. [共同利用]Negishi M., Hiraoka N., Nishio-Hamane D., Takagi H. (2019) Contrasted Sn substitution effects on Dirac line node semimetals SrIrO3 and CaIrO3. APL Materials, 7, 121101. doi: 10.1063/1.5129235.
  3. [共同利用]Saito T., Nishio-Hamane D. (2019) Synthesis of high-coercivity (Y. Sm) Co2Fe2B nanomaterials. Journal of Magnetism and Magnetic Materials, 494, 165767. doi: 10.1016/j.jmmm.2019.165767.
  4. [共同利用]Tobita K., Kitahara K., Katsura Y., Sato N., Nishio-Hamane D., Gotou H., Kimura K. (2019) Phase etability and thermoelectric properties of semiconductor-like tetragonal FeAl2. Science and Technology of Advanced Materials, 20, 937-948. doi: 10.1080/14686996.2019.1662272.
  5. Yamauchi T., Shimazu T., Nishio-Hamane D., Sakurai H. (2019) Contrasting Pressure-Induced Metallization Processes in Layered Perovskites, α-Sr2MO4(M=V,Cr). Physical Review Letters, 123, 156601. doi: 10.1103/PhysRevLett.123.156601.
  6. Kim K., Chen C., Nishio-Hamane D., Okubo M., Yamada A. (2019) Topochemical synthesis of phase-pure Mo2AlB2 through staging mechanism. Chemical Communications, 55, 9295-9298. doi:10.1039/c9cc03855h
  7. Ishikawa H., Nishio-Hamane D., Miyake A., Tokunaga M., Matsuo A., Kindo K., Hiroi Z. (2019) Engelhauptite: A variant of S = 1/2 kagome antiferromagnet. Physical Review Materials, 3, 064414. doi: 10.1103/PhysRevMaterials.3.064414.
  8. Muduli P.K., Higo T., Nishikawa T., Qu D., Isshiki H., Kondou K., Nishio-Hamane D., Nakatsuji S., Otani Y. (2019) Evaluation of spin diffusion length and spin Hall angle of the antiferromagnetic Weyl semimetal Mn3Sn. Physical Review B, 18, 184425. doi: 10.1103/PhysRevB.99.184425
  9. [共同利用]Saito T., Horita T., Nishio-Hamane D. (2019) Magnetic Properties of SmFe3-Type Sm–Zr–Fe–Co–Ti Melt-Spun Ribbons. Materials Transactions, 60, 1384-1389. doi: 10.2320/matertrans.M2018317
  10. [共同利用]Saito T., Nishio-Hamane D. (2019) Synthesis of Sm(Co,Fe)(4)B compounds by rapid quenching and subsequent heat treatment. Intermetallics, 107, 6-9. doi: 10.1016/j.intermet.2019.01.001
  11. [共同利用]Nagashima M., Nishio-Hamane D., Nakano N., Kawasaki T. (2019) Synthesis and crystal chemistry of mukhinite, V-analogue of clinozoisite on the join Ca2Al3Si3O12(OH)-Ca2Al2VSi3O12(OH). Physics and Chemistry of Minerals, 46, 63-76. doi:10.1007/s00269-018-0988-4
  12. Wang X.H., Wang H.W., Zou C.M., Wei Z.J., Uwatoko Y., Gouchi J., Nishio-Hamane D., Gotou H. (2019) The effects of high pressure and superheating on the planar growth of Al3Ni phase in hypo-peritectic Al-30wt%Ni alloy. Journal of Alloys and Compounds, 772, 1052-1060. Doi: 10.1016/j.jallcom.2018.09.079
  13. [共同利用]Saito T., Watanabe F., Nishio-Hamane D. (2019) Magnetic properties of SmFe12-based magnets produced by spark plasma sintering method. Journal of Alloys and Compounds, 773, 1018-1022. Doi: 10.1016/j.jallcom.2018.09.297
  14. Mizuno T., Takeuchi K., Kaneshima K., Ishii N., Kanai T., Itatani J. (2019) Resonant-like field enhancement by nanoscale grating-coupled propagating surface plasmons and localizes durface plasmons in the mid-infrared range: implications for ultrafast plasmonic electron sources. Applied Nano Materials, 2, 7067-7073. doi: 10.1021/acsanm.9b01597. (謝辞)
 Posted by at 8:48 AM

2100TEM復旧

 電顕  2100TEM復旧 はコメントを受け付けていません。
11月 212019
 

2100TEMが復旧しました。
11/25以降の予約が可能です。

 Posted by at 4:22 PM

2100TEM利用停止

 電顕  2100TEM利用停止 はコメントを受け付けていません。
11月 112019
 

Gonioにトラブルが生じたため修理完了まで利用を停止します。
現時点で復旧スケジュールは未定です。

 Posted by at 5:27 PM

5600SEMについて

 共同利用, 電顕  5600SEMについて はコメントを受け付けていません。
8月 142019
 

EDX故障に伴い分析機能を消失しました。
5600SEMはSEMの機能のみとなりますので、今後は分析にはIT100SEMを利用ください。

 Posted by at 2:46 PM

新種の鉱物が誕生しました。

 成果, 鉱物  新種の鉱物が誕生しました。 はコメントを受け付けていません。
7月 192019
 

熊本県から見出された鉱物が、皆川鉱として国際鉱物学連合から新種に承認されました。
令和時代最初の日本産新鉱物となります。

一般向けの解説記事はこちら

皆川鉱 / Minakawaite

 Posted by at 8:23 PM

論文が出版されました

 成果  論文が出版されました はコメントを受け付けていません。
7月 162019
 

金道研の石川助教を中心としたグループによってカゴメ構造をもつEngelhauptite[KCu3V2O7(OH)2Cl]について、磁気構造の詳細が明らかとなりました。Volbiorthite[Cu3V2O7(OH)2·2H2O]との組成的・構造的類似性を電顕室が紹介したことが研究のきっかけとなりました。

Ishikawa H., Nishio-Hamane D., Miyake A., Tokunaga M., Matsuo A., Kindo K., Hiroi Z. (2019) Engelhauptite: A variant of S = 1/2 kagome antiferromagnet. Physical Review Materials, 3, 064414. doi: 10.1103/PhysRevMaterials.3.064414.

Engelhauptite by H. Ishikawa

 Posted by at 1:27 PM

新種の鉱物が誕生しました。

 成果, 鉱物  新種の鉱物が誕生しました。 はコメントを受け付けていません。
4月 102019
 

北海道初山別村から見出された二つの鉱物が、留萌鉱と初山別鉱として国際鉱物学連合から新種に承認されました。
平成時代最後の日本産新鉱物となります。

一般向けの解説記事はこちら

新鉱物を含む砂金

 Posted by at 12:44 PM

5600SEM復旧

 電顕  5600SEM復旧 はコメントを受け付けていません。
4月 082019
 

5600SEMはひとまず復旧しました。
利用時に不調を感じたらなるべく早くお知らせください。

 Posted by at 8:25 AM