ISSP - The institute for Solid State Physics

Seminar
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
[物性研ニュース]
阪野塁氏(加藤研究室助教)が第9回(2015年)日本物理学会若手奨励賞(領域4)を受賞
日本物理学会は将来の物理学を担う優秀な若手研究者の研究を奨励するために、若手奨励賞を設けています。

今年度の領域4若手奨励賞受賞者の一人に阪野塁氏(加藤研究室助教)が選ばれました。受賞対象となったのは、「量子ドット系における非平衡近藤効果と電流揺らぎの理論研究」です。同氏は軌道自由度のある不純物アンダーソン模型における非平衡電流中の有効電荷の形成機構について、繰り込まれた摂動論に基づいて議論を行いました。さらに、実験家とも議論を進め、SU(2)近藤効果の実験結果について共著の論文を出版しました。これらの研究成果は、量子ドット系の基本的で重要な問題である非平衡近藤効果の輸送現象に関して、理論・実験の両方の進展に大きく貢献したと評価され、今回の受賞に至りました。

対象論文:
[1]"Full Counting Statistics for Orbital-Degenerate Impurity Anderson Model with Hund's Rule Exchange Coupling", R. Sakano, Y. Nishikawa, A. Oguri, A. C. Hewson, and S. Tarucha, Phys. Rev. Lett. 108, 266401 (2012).

[2]"Full counting statistics for SU(N) impurity Anderson model", R. Sakano, A. Oguri, T. Kato, and S. Tarucha, Phys. Rev. B 83, 241301(R) (2011).

[3]"Kondo crossover in shot noise of a single quantum dot with orbital degeneracy", R. Sakano, T. Fujii, and A. Oguri, Phys. Rev. B 83, 075440 (2011).

左から、共同研究者の小栗章大阪市立大学教授、小林研介大阪大学教授(元勝本研助手)、<br>阪野塁氏、加藤岳生東京大学物性研究所准教授
左から、共同研究者の小栗章大阪市立大学教授、小林研介大阪大学教授(元勝本研助手)、
阪野塁氏、加藤岳生東京大学物性研究所准教授
日本物理学会 若手奨励賞受賞者一覧:
http://www.jps.or.jp/activities/awards/jusyosya/wakate2015.html