現在位置: ホーム 利用案内 ご利用の流れ

ご利用の流れ

初めてのご利用にあたって

当センターのご利用の際には必ず以下の規約をお読みください。

 

当センターを初めてご利用の方に、初めての登録から利用期間終了までの、おおまかな流れをご紹介します。

 

研究グループ

利用は「研究グループ」単位となります。「研究代表者」と、そのグループに所属する「共同研究者」で構成される研究グループごとにリソースが割り当てられます。

研究グループ

 

この研究グループの研究代表者を登録するところから利用フローは始まります。

利用の流れ

 

 1. 研究代表者を登録

スーパーコンピュータ共同利用Webシステム」に研究代表者を登録し、「代表者ID」を取得します。代表者を登録すると、得た代表者IDで「スーパーコンピュータ共同利用Webシステム」にログインして利用申請や共同研究者の登録などが行えるようになります。

2. 研究課題を申請

スパコンを使用してどんな研究をするのか、どれくらいのリソースが必要なのかを記載して利用申請を行います。

※使用期間や利用規模によって利用枠がクラス分けされており、申請時にはクラスの指定が必要となります。詳しくは「申請クラスについて」をご覧ください。

※リソース量は計算時間や使用するディスクスペースを独自の「ポイント」という単位で定めています。申請時には利用したいポイント数を申告する必要があります。詳しくは「ポイント消費制」をご覧ください。

3. 利用審査

適切な研究分野、研究内容、それに見合ったリソースボリュームかどうかを審査します。審査に通るとスパコン上にアカウントが作成され、利用開始となります。

4. 利用期間

スーパーコンピュータシステムは、所外からはインターネットを経由したネットワークを通じて利用することができます。所内からは所内LANを経由して利用できます。

利用中はスパコン上のデバッガ、プログラムリファレンスなども利用できます。プログラムの相談をお受けすることも可能です。

5. 報告書を提出

申請した利用期間が終了したら利用報告書をWebからお送りください。

ドキュメントアクション