現在位置: ホーム 利用案内 インストール済みアプリケーション DSQSS (Discrete Space Quantum Systems Solver)

DSQSS (Discrete Space Quantum Systems Solver)

格子上で定義された量子多体系の計算プログラム。連続虚数時間向き付きループアルゴリズムに基づく量子モンテカルロ法により、量子多体系の各種物理量を計算する。格子の形状、相互作用、スピンの大きさ、磁場、温度などを入力する事ができ、量子スピン系とボーズ系のシミュレーションが可能。

参考文献

インストールされているバージョン

  • dsqss-1.2.0

システムB(バッチジョブ)での利用方法

  • インストール場所: /home/issp/materiapps/dsqss/
  • 実行バイナリ: /home/issp/materiapps/dsqss/dsqss-VERSION/bin
  • ドキュメント: /home/issp/materiapps/dsqss/dsqss-VERSION/doc
  • サンプル: /home/issp/materiapps/dsqss/dsqss-VERSION/share/dsqss/VERSION/samples

実行方法例

ここでは簡単で自明な例として、反強磁性ハイゼンベルグダイマーの計算を行います。

  1. インタラクティブキューにログインします。
    $ qsub -queue i18cpu -node 1 -mpi 24 -omp 1 -I
  2. 事前準備としてパスやモジュールを設定します。
    $ source /home/issp/materiapps/dsqss/dsqssvars.sh
    $ module load python/2.7.14
  3. 入力ファイル std.in を準備します(#以下 はコメントです)。サンプルディレクトリ中の dla/01_spindimer にも同じものがあります。
    [System]
    solver = DLA
    [Hamiltonian]
    model_type = spin
    M =  1                 # S=1/2
    J = -0.5               # coupling constant, negative for AF, not 1 but 1/2 due to PBC
    F = 0.0                # magnetic field
    [Lattice]
    lattice_type = square  # hypercubic, periodic
    D = 1                  # dimension
    L = 2                  # number of sites along each direction
    Beta = 100             # inverse temperature
    [Parameter]
    nset = 5               # set of Monte Carlo sweeps
    npre = 10              # MCSteps to estimate hyperparameter
    ntherm = 10            # MCSweeps for thermalization
    nmcs = 10              # MCSweeps for measurement
  4. 入力ファイル変換スクリプト dsqss_pre.py に std.in を与えます。
    $ dsqss_pre.py -i std.in
  5. モンテカルロ計算を実行します。
    $ mpijob dla_H param.in
  6. 計算結果は sample.log に書き込まれます。
    $ grep ene sample.log
    R ene = -3.87400000e-01 6.82348884e-03
    ene はサイトごとのエネルギーです。

利用回数の測定について

ソフトウェア高度化・開発プロジェクトに採択されたソフトウェアでは、物性研スパコン システムB上での利用数を測定しています。

プロジェクトの意義を評価するための重要な指標となりますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

なお、利用率の測定を希望されない場合には、たとえば dla_H_nocountを実行ファイルとして選択してください。

問い合わせ先

  • DSQSSの利用方法(インプット作成など)、機能などについて
    DSQSS 開発チーム dsqss-dev@issp.u-tokyo.ac.jp
    DSQSS github issue https://github.com/issp-center-dev/dsqss/issue
  • 物性研スパコンシステムにおける上記アプリケーションの実行方法等について
    物性研スパコン対応ソフトウェア相談窓口 center-apps@issp.u-tokyo.ac.jp