現在位置: ホーム 利用案内 インストール済みアプリケーション DSQSS (Discrete Space Quantum Systems Solver)

DSQSS (Discrete Space Quantum Systems Solver)

参考文献

インストールされているバージョン

  • dsqss-1.1.17

システムB(バッチジョブ)での利用方法

  • インストール場所: /home/issp/materiapps/dsqss/
  • 実行方法: https://github.com/qmc/dsqss/wiki/実行方法
  • 実行例: S=1/2 ハイゼンベルグダイマー
    もっとも簡単な例として、S=1/2 のスピン2個だけからなる系を考えます。 以下は、これらが反強磁性的に結合していて、磁場がかかっていない場合の計算例です。 アルゴリズムファイル(ワームの散乱確率や、バーテックス密度を含む)や 格子ファイル(単位胞の情報を含む)を直接編集して、dla 単体で 実行することも可能ですが、ここでは、hamgen_H, dla_alg, latgene を利用して、 これらのファイルを自動生成して計算する例を示します。 各実行ファイルの関係や入出力ファイルの詳細については、 実行方法ページ を参照。
  1. パスを通す。

    $ source /home/issp/materiapps/dsqss/dsqssvars.sh
  2. 次のような中身の入力ファイル(sample.inp)を作成する。

    runtype = 0                # シリアル実行
    
    nmcse = 1000               # 平衡化のために捨てられる初期モンテカルロステップ数
    nmcsd = 1000               # 次setとのあいだの相関を減らすために捨てられる set 間インターバルのステップ数
    nmcs  = 10000              # 各setごとの物理量測定ステップ数
    nset  = 10                 # set数
    seed  = 31415              # 乱数シード
    nvermax = 10000            # バーテックス数上限(実行中に上限に達すると自動終了)
    nsegmax = 10000            # セグメント数上限(実行中に上限に達すると自動終了)
    
    algfile = algorithm.xml    # アルゴリズムファイル名
    latfile = lattice.xml      # 格子ファイル名
    outfile = sample.log       # 出力ファイル名
  3. 定義ファイルの生成する。

    $ hamgen_H 1 -0.5 0.0          # ハミルトニアン生成
                                   # パラメータはスピン長(2*S),交換相互作用(J),外部磁場(F)の順
    $ dla_alg                      # ハミルトニアンから,アルゴリズム生成.
    $ lattgene 1 2 1.0             # 格子生成.パラメータは次元(D),サイズ(L),逆温度(\beta)の順
  4. 次のような中身のジョブスクリプト(run.sh :i18cpuキューを用いて計算をおこなう場合の例)を作成する。 MPI プロセスの数だけ乱数並列が行われる(今回は4)。

    #!/bin/bash
    #QSUB -queue i18cpu
    #QSUB -node 1
    #QSUB -omp 1
    #QSUB -mpi 4
    #QSUB -place pack
    #QSUB -over false
    #PBS -l walltime=00:30:00
    #PBS -N dsqss
    
    source /home/issp/materiapps/dsqss/dsqssvars.sh
    
    mpijob dla sample.inp
  5. ジョブを投入する。

    $ qsub run.sh
  6. 出力結果(sample.log.000)

    C This is DSQSS ver.1.1
    
    P D       =            1                         # 次元
    P L       =            2                         # 1辺の長さ
    P BETA    =       1.0000000000000000             # 逆温度
    P NSET    =           10                         # セット数
    P NMCSE   =         1000                         # 平衡化ステップ数
    P NMCSD   =         1000                         # セット間インターバル
    P NMCS    =        10000                         # 測定ステップ数
    P SEED    =        31415                         # 乱数シード
    P NSEGMAX =        10000                         # 最大セグメント数
    P NVERMAX =        10000                         # 最大バーテックス数
    P NCYC    =            2                         # 1ステップあたりのワームサイクル数
    P ALGFILE = algorithm.xml                        # アルゴリズムファイル名
    P LATFILE = lattice.xml                          # 格子ファイル名
    P OUTFILE = sample.log.000                       # 出力ファイル名
    R anv    = 7.5180000000e-02 7.2092533132e-04     # 物理量(R "ラベル" = "平均値" "統計誤差")
    R ene    = -1.1287250000e-01 1.1319872521e-03
    R spe    = 1.2403653237e-01 1.1809645533e-03
    R len    = 1.2023753000e+00 6.6838265039e-04
    R xmx    = 3.0059382501e-01 1.6709566260e-04
    R amzu   = 4.9500000000e-04 1.0936800771e-03
    R bmzu   = 4.9500000000e-04 1.0936800771e-03
    R smzu   = 1.7461500000e-01 1.0417413307e-03
    R xmzu   = 1.7461500000e-01 1.0417413307e-03
    R amzs   = 1.6500000000e-04 1.0586167599e-03
    R bmzs   = -1.9144707385e-04 9.9337993655e-04
    R smzs   = 3.2538500000e-01 1.0417413307e-03
    R xmzs   = 3.0049234531e-01 9.0849325770e-04
    I [the maximum number of segments]          = 17    # 実際の最大セグメント数
    I [the maximum number of vertices]          = 10    # 実際の最大バーテックス数
    I [the maximum number of reg. vertex info.] = 3
  7. 解析ツール(merge.pl)で標準誤差を評価(sample.log.000~sample.log.003)

    $ cp $WORM_HOME/tool/merge.pl .
    $ perl merge.pl sample.log
  8. 出力結果(sample.log)

    P D       =            1
    P L       =            2
    P BETA    =       1.0000000000000000
    P NSET    =           10
    P NMCSE   =         1000
    P NMCSD   =         1000
    P NMCS    =        10000
    P SEED    =        31415
    P NSEGMAX =        10000
    P NVERMAX =        10000
    P NCYC    =            2
    S NPROC    =                4
    C This is DSQSS ver.1.1
    
    P ALGFILE = algorithm.xml
    P LATFILE = lattice.xml
    P OUTFILE = sample.log.000
    I [the maximum number of segments]          = 17
    I [the maximum number of vertices]          = 10
    I [the maximum number of reg. vertex info.] = 3
    C This is DSQSS ver.1.1
    
    P ALGFILE = algorithm.xml
    P LATFILE = lattice.xml
    P OUTFILE = sample.log.001
    I [the maximum number of segments]          = 15
    I [the maximum number of vertices]          = 9
    I [the maximum number of reg. vertex info.] = 3
    C This is DSQSS ver.1.1
    
    P ALGFILE = algorithm.xml
    P LATFILE = lattice.xml
    P OUTFILE = sample.log.002
    I [the maximum number of segments]          = 15
    I [the maximum number of vertices]          = 9
    I [the maximum number of reg. vertex info.] = 3
    C This is DSQSS ver.1.1
    
    P ALGFILE = algorithm.xml
    P LATFILE = lattice.xml
    P OUTFILE = sample.log.003
    I [the maximum number of segments]          = 15
    I [the maximum number of vertices]          = 9
    I [the maximum number of reg. vertex info.] = 3
    R    anv = 7.5457500000e-02 4.4342182701e-04
    R    ene = -1.1298187500e-01 4.4455663189e-04
    R    spe = 1.2491449409e-01 4.8919759296e-04
    R    len = 1.2017258462e+00 4.1038843900e-04
    R    xmx = 3.0043146155e-01 1.0259710853e-04
    R   amzu = -5.1250000000e-05 2.5144892623e-04
    R   bmzu = -5.1250000000e-05 2.5144892623e-04
    R   smzu = 1.7495125000e-01 3.6692628120e-04
    R   xmzu = 1.7495125000e-01 3.6692628120e-04
    R   amzs = 5.6375000000e-04 7.7985408625e-04
    R   bmzs = 5.4159202184e-04 8.2735882304e-04
    R   smzs = 3.2504875000e-01 3.6692628119e-04
    R   xmzs = 3.0021946231e-01 4.0183278870e-04

問い合わせ先

  • DSQSSの利用方法(インプット作成など)、機能などについて
    川島直輝 (東大物性研) dsqss@issp.u-tokyo.ac.jp
  • 物性研スパコンシステムにおける上記アプリケーションの実行方法等について
    物性研スパコン対応ソフトウェア相談窓口
center-apps@issp.u-tokyo.ac.jp

ドキュメントアクション