現在位置: ホーム 利用案内 インストール済みアプリケーション ALPS (Applications and Libraries for Physics Simulations)

ALPS (Applications and Libraries for Physics Simulations)

磁性体や相互作用電子系などの強相関格子模型を取り扱う数値計算ライブラリ。モンテカルロ法、厳密対角化法、密度行列繰り込み群などの代表的な強相関系ソルバーが利用できる。相互作用スピン系の比熱・帯磁率や磁化過程、強相関電子系の状態密度計算などを行うことができる。高効率の並列計算用スケジューラも整備されている。

参考文献

物性研でのALPSの利用方法

  • インストールされているバージョン
    • ALPS: 2.2.b3-r7482 (2014/06/23)
    • Boost: 1_54_0
    • CMake: 2.8.12.1
    • HDF5: 1.8.12
    • Python: 2.7.3 with Numpy (1.7.0), Scipy (0.11.0), Matplotlib (1.2.0), iPython (1.2.0)

システムB (sekirei)

  1. 環境変数(PATH, LD_LIBRARY_PATH, PYTHONPATH, ALPS_HOME)の設定:

    source /home/issp/materiapps/alps/alpsvars.sh
  2. パラメータの準備

    mkdir alps-run 
    cd alps-run 
    cp $ALPS_HOME/tutorials/mc-02-susceptibilities/parm2c . 
    parameter2xml parm2c
  3. ジョブスクリプト(run.sh)の準備

    cp /home/issp/materiapps/alps/sample-script/run.sh .
  4. ジョブのサブミット

    bsub < run.sh
  5. 結果のプロット(plot.py)

    python /home/issp/materiapps/alps/sample-script/plot.py

     

システムC (maki)

  1. 環境変数(PATH, LD_LIBRARY_PATH, PYTHONPATH, ALPS_HOME)の設定:

    source /global/app/materiapps/alps/alpsvars.sh
  2. パラメータの準備

    mkdir alps-run 
    cd alps-run 
    cp $ALPS_HOME/tutorials/mc-02-susceptibilities/parm2c . 
    parameter2xml parm2c
  3. ジョブスクリプト(run.sh)の準備

    cp /global/app/materiapps/alps/sample-script/run.sh .
  4. ジョブのサブミット

    pjsub run.sh
  5. 結果のプロット(plot.py)

    loop --evaluate parm2c.in.xml 
    python /global/app/materiapps/alps/sample-script/plot.py

問い合わせ先

  • ALPSの利用方法(インプット作成など)、機能などについて
  • 物性研スパコンシステムにおける実行方法について
    • 物性研スパコン対応ソフトウェア相談窓口
      center-apps@issp.u-tokyo.ac.jp

ドキュメントアクション