現在位置: ホーム スパコン共用事業枠 計算物質科学スパコン共用事業枠

計算物質科学スパコン共用事業枠

概要

2015年度より物性科学、材料科学、分子科学の3分野に関係する事業として、ポスト「京」で重点的に取り組むべき社会的・科学的課題についての検討委員会によりポスト「京」重点課題アプリケーション課題(重点課題(5)エネルギーの高効率な創出、変換・貯蔵、利用の新規基盤技術の開発、重点課題(7)次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成)が設立され、さらにJSTの科学技術人材育成コンソーシアムの構築事業として計算物質科学人材育成コンソーシアム事業も開始されました。

これらの新しいプロジェクトの開始を受け、上記3分野に共通性の高い大規模並列計算を志向したプロジェクトを支援し、各分野コミュニティにおける並列計算の高度化へさらなる取り組みを促すことを目的として東北大学金属材料研究所、東京大学物性研究所、自然科学研究機構分子科学研究所の3研究所で、「計算物質科学スパコン共用事業」を立ち上げることとなりました。

これを受け当センターでは、2016年度より当センターのスーパーコンピューターのCPU資源の20%までを、研究課題の推進に利用していただくべく、「計算物質科学スパコン共用事業枠」を設置することといたしました。

計算資源

System B (SGI製 ICE XA / UV ハイブリッドシステム)

対象とする研究課題

  1. ポスト「京」重点課題アプリケーション開発「重点課題(5)エネルギーの高効率な創出、変換・貯蔵、利用の新規基盤技術の開発」
  2. ポスト「京」重点課題アプリケーション開発「重点課題(7)次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成」
  3. ポスト「京」萌芽的課題1 「基礎科学の挑戦-複合・マルチスケール問題を通した極限の探求」
  4. 元素戦略プロジェクト<研究拠点形成型>
  5. 計算物質科学人材育成コンソーシアム事業

2017年度

2017年度の利用期間は2017年4月から2018年3月までです。

2017年度の利用申請は締めきりました。

2016年度

2016年度の利用期間は2016年4月から2017年3月までです。

2016年度の利用申請は締めきりました。

ドキュメントアクション