現在位置: ホーム お知らせ ニュース 全てのニュース 平成28年度成果報告について

平成28年度成果報告について

平成28年度に物性研スパコンをご利用の方は、4月28日(金)までに成果報告をご提出ください。

表記共同利用で申請課題が採択された方には,その成果報告を下記の要領で 

行なっていただくようお願いしています.

研究成果報告書と公表論文等リストは

年次報告書として毎年度印刷公表しており,今後の課題審査の際などに重要な

資料となります.また,国立大学法人化体制における大学附置全国共同利用研

究所のあり方を考えて行く上で重要な資料ともなりますので,報告書の提出を

お願いします.

      提出期限: 平成29年4月28日(金)

             物性研スーパーコンピュータ共同利用委員会

                  委員長 野口博司

                 記

1. 提出書類等

 A)研究成果報告書

  申請課題ごとに1編

  (ただし,複数の課題が関連している場合には,まとめることができます)

  英文

  A4サイズで1ないし2ページ

  ●成果報告書の記載内容について

  申請した課題について、スーパーコンピュータシステムを利用してどのような

  成果が得られたか、特にどのように計算資源を利用したかに重点を置いて

  簡潔に記載してください.計算手法の工夫(アルゴリズム、並列化、

  チューニング技術を含む)などがあれば、それらを記述してください.

  ●記入事項,およびフォーマット、作成例については、

  http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/supercom/for-users/report

  をご参照ください.

 B)公表論文等リストと取得された学位

  物性研スパコン共同利用への謝辞が記載されている論文

  が分かるようにしてください(上述付記を参照).

  学位を取得された方がいる場合は、論文リストに追記してご報告ください。

2. 提出期限

  平成29年4月28日(金)

3. 提出方法・問い合わせ先

 ●提出方法

  http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/supercom/for-users/report

  から報告書(PDFファイル)と公表論文リスト(テキストファイル)を

  アップロードしてください.

 ●問い合わせ先

  E-mail: ar@issp.u-tokyo.ac.jp

4. 著作権について

 研究成果報告書の著作権は以下のように取り扱います.あらかじめご了承ください.

 http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/supercom/for-users/report#copyright

平成 29年 3 月 24日

物性研計算機室 アクティビティレポート担当

 

ar@issp.u-tokyo.ac.jp

ドキュメントアクション

システムBをご利用中の方は以下もご確認ください。

稼働状況など
システム状況(B)
更新
メンテナンス情報
システムBメンテナンス情報

システムCをご利用中の方は以下もご確認ください。

稼働状況など
システム状況(C)
更新
メンテナンス情報
システムCメンテナンス情報