現在位置: ホーム 利用成果 招待論文

招待論文

暦年のアクティビティレポートにおける招待論文(巻頭論文)を紹介します。

ISSP Supercomputer Activity Report では、その年にとくに顕著な業績のあった研究グループをピックアップして,特に詳しく研究紹介をしていただいており,これらは Activity Report の巻頭に掲載しています.以下の論文はそれらの巻頭論文を年度ごとにまとめたものです.

 

2016年度

2015年度

2014年度

2013年度

2012年度

 

 

2011年度

 

 

2010年度

 

2009年度

 


2008年度

 

 

2007年度

 

 

2006年度

 



2005年度

 

 

2004年度

 

 

2003年度

 

 

2002年度

 

 

2001年度

 

 

2000年度

 

 

 

1999年度

 

 

 

1998年度

  • Prediction of nano-structure by the first-principles electronic state theory
    M. Tsukada, R. Tamura, N. Sasaki, H. Aizawa, K. Akagi, Y. Tanida, Y. Yoshimoto and S. Nakanishi
  • Fermi surface, spin fluctuation and pairing symmetry in the two-dimensional Hubbard model
    Hideo Aoki and Kazuhiko Kuroki
  • Equilibrium and off-equilibrium simulations of chiral order in spin glasses
    Hikaru Kawamura and Koji Hukushima

 

 

1997年度

  • Application of the First-Principle Molecular Dynamics Method
    Shinji Tsuneyuki, Tadashi Ogitsu, Koichi Kusakabe, Yoshitaka Tateyama, Takashi Miyake and Hideaki Aizawa
  • The Structural Phase Transition and Electronics Structure of Selenium under High Pressure
    Masaki Geshi, Tatsuki Oda and Yasuaki Hiwatari
  • Numerical Studies on Quantum Phase Transitions
    Masatoshi Imada
  • Exchange Monte Carlo Method
    Koji Hukushima, Koji Nemoto and Hajime Takayama

 

ドキュメントアクション