現在位置: ホーム 当センターについて 運営メンバー 吉見 一慶

吉見 一慶

物質設計評価施設 ソフトウェア高度化推進チーム 特任研究員

研究内容


有機伝導体に関する理論研究をこれまで主な研究として行っています。
有機伝導体では強相関係の物質の中でもフォノンや長距離クーロン相互作用が重要であると考えられており、複雑な相互作用が絡み合うことで、スピンパイエルス転移・電荷秩序転移といった様々な相転移現象が実験的に観測されています。研究では、
  • 電荷秩序転移近傍の電荷揺らぎを介した新規現象 
  • フォノンと強相関効果が絡み合う相転移現象
に着目し、FLEX近似・vertex補正・古典フォノンを考慮した厳密対角化などを計算手法とした理論解析を行っています。
 
また、上記テーマ以外にも、ソフトウェア開発・高度化プロジェクトで携わった計算物質科学ソフトウェアの利用・普及活動や、ソフトウェアを活用した研究についても幅広く取り組んでいきたいと考えています。
 

略歴


  • 2004年 3月 東京理科大学 理学部 物理学科 卒業
  • 2006年 3月 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 物質系専攻 修士課程 修了
  • 2009年 3月 東京大学大学院 理学系研究科 物理学専攻 博士課程 修了
  • 2009年 4月 - 2010年 3月 東京医科歯科大学 教養部 特任助教
  • 2010年 4月 - 2012年 3月 東京大学大学院 理学系研究科 特任研究員
  • 2012年 4月 - 2015年 3月 株式会社 構造計画研究所
  • 2015年 4月 - 東京大学物性研究所 特任研究員
 

最近の論文


  • Coulomb Frustrated Phase Separation in Quasi-Two-Dimensional Organic Conductors on the Verge of Charge Ordering
  • Tuning the Magnetic Dimensionality by Charge Ordering in the Molecular TMTTF Salts 

連絡先


E-mail: k-yoshimi__at__ issp.u-tokyo.ac.jp 
Tel/Fax: 04-7136-3288

ドキュメントアクション